« ベルリオーズ 幻想、イタリアのハロルド 他/バーンスタイン、フランス国立o.(Tower Records Difinition Series SACD/CDハイブリッド盤 2CD) | トップページ | ベートーヴェン ピアノ協奏曲全集/ギレリス、セル、クリーヴランド管(Tower Records Difinition Series SACD/CDハイブリッド盤3CD) »

2015年12月29日 (火)

リムスキー=コルサコフ シェヘラザード他/ロストロポーヴィチ、パリ管(Tower Records Difinition Series SACD/CDハイブリッド盤)

Swscan00899

今月発売になったばかりの、タワーレコード限定発売の Difinition Series SACD/CDハイブリッド盤の第2弾の1枚。録音は1974年、1976年なので、アナログ録音が円熟した末期のもので、マスターの保存状態も良いのか、なかなか良い音質である。

収録曲

リムスキー=コルサコフ シェヘラザード

リムスキー=コルサコフ スペイン奇想曲

ムソルグスキー 交響詩 はげ山の一夜

グリンカ ルスランとルドミュラ 序曲

シェヘラザードは、パリ管の独特の管楽器の色彩感が印象的で、20世紀後半の大チェリストだったロストロポーヴィッチが指揮者としても一流であった事が良くわかる。少し粘り気がありロマンを湛えながら、しっかりとオーケストラを統率し、激しい部分では推進力をみなぎらせ情熱的な感じも見せる。

SACDプレーヤーを持っていないのでCD層を聴くわけだが、Difinition Series SACD/CDハイブリッド盤は、従来のCDとは次元の異なるリマスターがなされているように思う。CD層とSACD層を別々にリマスターしていて、CD層はDSDにせずマルチビットのままリマスターしているためか力強さがあり、EsotericのSACD/CDハイブリッド盤とは、同じ人がリマスターしているのにもかかわらず、音質が異なる傾向があるのがわかる。CD層だけ聴いた感じは、私的には、TOWER RECORDS Definition Seriesの方が好ましく感じる。その上、このシリーズはハードカバー・デジパック・ジャケットや解説書の仕様もほぼEsotericと同等で豪華なのに、1枚ものは¥2500(税抜)と非常に良心的な価格である。

クラシック音楽ファンに強力にお勧めしたい盤である。


にほんブログ村

|

« ベルリオーズ 幻想、イタリアのハロルド 他/バーンスタイン、フランス国立o.(Tower Records Difinition Series SACD/CDハイブリッド盤 2CD) | トップページ | ベートーヴェン ピアノ協奏曲全集/ギレリス、セル、クリーヴランド管(Tower Records Difinition Series SACD/CDハイブリッド盤3CD) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベルリオーズ 幻想、イタリアのハロルド 他/バーンスタイン、フランス国立o.(Tower Records Difinition Series SACD/CDハイブリッド盤 2CD) | トップページ | ベートーヴェン ピアノ協奏曲全集/ギレリス、セル、クリーヴランド管(Tower Records Difinition Series SACD/CDハイブリッド盤3CD) »