« サン=サーンス、ラロ チェロ協奏曲/ヨー・ヨー・マ、マゼール、フランス国立管 | トップページ | プロコフィエフ チェロと管弦楽のための交響的協奏曲、チャイコフスキー ロココ変奏曲他/ヨー・ヨー・マ、マゼール、ピッツバーグS.O. »

2015年12月 8日 (火)

エルガー、ウォルトン チェロ協奏曲/ヨー・ヨー・マ、プレヴィン、ロンドン交響楽団

Swscan00892
ザ・クラシカル・チェロ・コレクション(15CD SET)の中の1枚で、1984年録音、1985年初出のCDである。

エルガーとウォルトンという2人のイギリスの作曲家のチェロ協奏曲をイギリスの交響楽団をバックに、ヨー・ヨーマが30歳ごろ録音したものだ。いずれの曲も、素晴らしいテクニックで、美しいカンタービレを聴かせながらしなやかに弾いている。エルガーのは、ジャクリーヌ・デュ=プレがバルビローリの指揮で弾いたのもロンドン交響楽団だった。ジャクリーヌ・デュ=プレの、胸いっぱいのロマンをたたえたような演奏とは違い、必要以上に感情移入がないが、よりモダンで明晰でありさりげなく美しく聴かせるスタイルだ。プレヴィン/ロンドン響のサポートも良い。なかなか良い演奏だ。ウォルトンの方は、よりテクニックが物を言う部分が多いので、よりヨー・ヨー・マの演奏スタイルにマッチしているように思えた。

音質は、デジタル初期のものとして標準。時にヨー・ヨー・マのチェロの弦の音色がかさつく感じがあるがデジタル初期の録音の為だろう。


にほんブログ村

|

« サン=サーンス、ラロ チェロ協奏曲/ヨー・ヨー・マ、マゼール、フランス国立管 | トップページ | プロコフィエフ チェロと管弦楽のための交響的協奏曲、チャイコフスキー ロココ変奏曲他/ヨー・ヨー・マ、マゼール、ピッツバーグS.O. »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サン=サーンス、ラロ チェロ協奏曲/ヨー・ヨー・マ、マゼール、フランス国立管 | トップページ | プロコフィエフ チェロと管弦楽のための交響的協奏曲、チャイコフスキー ロココ変奏曲他/ヨー・ヨー・マ、マゼール、ピッツバーグS.O. »