« エルガー、ウォルトン チェロ協奏曲/ヨー・ヨー・マ、プレヴィン、ロンドン交響楽団 | トップページ | nザ・ニューヨーク・アルバム/ヨー・ヨー・マ、ジンマン、ボルティモア響 »

2015年12月11日 (金)

プロコフィエフ チェロと管弦楽のための交響的協奏曲、チャイコフスキー ロココ変奏曲他/ヨー・ヨー・マ、マゼール、ピッツバーグS.O.

Swscan00893

ザ・クラシカル・チェロ・コレクション(15CD SET)の中の1枚で、1991年録音、1992年初出のCDである。

収録曲:

プロコフィエフ:チェロと管弦楽のための交響的協奏曲ホ短調 op.125
チャイコフスキー:ロココの主題による変奏曲イ長調 op.33
チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ(独奏チェロと弦楽のための)

プロコフィエフとチャイコフスキーというロシアの作曲家の作品を集めたものだが、プロコフィエフは現代的でテクニックと明晰さが求められる曲だと思うが、ヨー・ヨー・マのチェロは安心して聴いていられるし、マゼール/ピッツバーグ響も、アメリカのオーケストラらしく色彩的にも明晰さにおいても、上手く表現していて良い。

対して、チャイコフスキーの2曲は、自在に緩急を付け過剰にならない程度に耽美的特質を強調したような演奏で、ヨー・ヨー・マの芸術的な幅の広さを認識した。このCD1枚だけ聴くだけでも、15枚組SETを買う価値がある。

音質は、1990年代初期のものとしてはかなり良い。一般的にLPレコードが絶滅した時期であるが、その頃にはCDの音質は初期のものに比べかなり向上している。また、このセットの音源は新しいリマスターされたものを使っているらしく、そういった事もわずか1まいあたり230円のCDとしては信じられない音源となっているのだと思われる。


にほんブログ村

|

« エルガー、ウォルトン チェロ協奏曲/ヨー・ヨー・マ、プレヴィン、ロンドン交響楽団 | トップページ | nザ・ニューヨーク・アルバム/ヨー・ヨー・マ、ジンマン、ボルティモア響 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エルガー、ウォルトン チェロ協奏曲/ヨー・ヨー・マ、プレヴィン、ロンドン交響楽団 | トップページ | nザ・ニューヨーク・アルバム/ヨー・ヨー・マ、ジンマン、ボルティモア響 »