« Easy To Love / ロバータ・ガンバリーニ | トップページ | Late Night Guitar/アール・クルー »

2016年2月12日 (金)

マーラー 交響曲 3番/バーンスタイン、ニューヨークフィル(180g復刻重量盤LP)

Swscan00961

Swscan00963

数年前から、レナード・バーンスタインが最晩年に録音したマーラーの交響曲集が、順次180g重量盤LPとなって復刻されている。これは、昨年末に発売になった3番、6番のうちの1組である。

演奏は空前絶後のドラマチックな表現で、この曲のベストに押す人も居るくらいの名演なので、そちらはおいておき、21世紀になってLPレコードとして復刻される意義があるのだろうか、という部分に付いて書いてみたい。

CDだとあくまで30年前の古い録音に聴こえてしまうのはなぜだろうか?また、この交響曲の熱気みたいなものは、CDよりもLPでの方が圧倒的に感じられるし、非常に音質が良いと感じる。私の買ったものに関して、この3番についてはプレスも問題は無かった。

ただ、一緒に購入した6番の方は、かなり気になるノイズが出る面があったので、交換してもらう事で返品したが、まだ代替品が届いていない。

バーンスタイン・コレクションVol.2という64枚組のCDボックスセットが来月発売予定だが、この音源も含めドイチェグラモフォンの音源のマーラーの交響曲も全て入るはずであるが、こちらはすでに予約した。


にほんブログ村

|

« Easy To Love / ロバータ・ガンバリーニ | トップページ | Late Night Guitar/アール・クルー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Easy To Love / ロバータ・ガンバリーニ | トップページ | Late Night Guitar/アール・クルー »