« トレーシング・アストル~ピアソラへのオマージュ3 | トップページ | WATER/エレーヌ・グリモー »

2016年2月 2日 (火)

ボーン・トゥ・ビー・ブルー/ ビヴァリー・ケニー(DOXY180g復刻重量盤LP:ボーナスCD付き)

Born_to_be_blue

復刻盤レーベルのDOXYが、おまけにCDを付けて復刻した180gの重量盤LPである。発売されたのは2014年だが、2016年2月現在でも注文可能のようだ。ご覧のようにジャケットの下側の帯の右にCDが裸で付属しているのが判るだろう。一応、CDを収納させる透明なビニール製の袋も付属していた。

収録曲

Side1
1) ボーン・トゥ・ビー・ブルー
2) イズント・イット・ア・ピティ
3) フォー・オール・ウィ・ノウ
4) イッツ・オンリー・ハプンズ・ホエン・アイ・ダンス・ウィズ・ユー
5) アゲイン
6) アイ・ウォーク・ア・リトル・ファースター

Side2
1) ゴー・アウェイ・マイ・ラヴ
2) ビヨンド・ザ・ネクスト・ヒル
3) イッツ・ア・ブルー・ワールド
4) ヴァニティ
5) サムホエア・ア・ロング・ザ・ウェイ
6) ホエア・キャン・アイ・ゴー・ウィズアウト・ユー

Swscan00937

これが、その付属していたボーナスCDで、これ単独では売り物でない旨、CDの外周部に書いてある。最近発売されるLPレコードには、デジタル音源のダウンロード・コードが付属しているものが多いが、これはもっと凄い。CDをおまけにしているのだから。そしてこのCDはLPの収録曲12曲が全て入っている。ジャズなどの一部の復刻盤には、このセットのようにLPにCDを付けて売られているものがあるようで、その日の気分に合わせてどちらでも聴けるのは音楽愛好家としてもコレクターズ・アイテムとしても面白いと思う。それでいて復刻重量盤LP1枚の値段で買えてしまうのだから、まさにCDはボーナスでおまけだ。

さて、このLPレコード、初出は1958年、ステレオ盤である。声を張り上げずに囁くように上品に歌うバラード集である。そのキュートな感じは全く古さを感じさせず、今の時代に聴いても魅力は褪せていない。エヴァー・グリーンであると思う。ビヴァリー・ケニーという人は、1932年生まれだが、6枚のLPレコードを残している。1960年に28歳で亡くなっているので、この録音は亡くなる2年前位のものだろう。それにしても、ジャケット写真の彼女は美しい。

この復刻LPは、掲示板で教えてもらったが、プレスの質も良く音質も整ったかなり出来の良い復刻だと思う。LPとCDがそのまま全部聴き比べできるが、声の生々しさ、雰囲気、ストリングスの音色の魅力はLPレコードに一日の長がある。白人のジャズ・ヴォーカルを聴く人には強力にお勧めする。尚、この盤の初出盤だと思われる米国MCA DECCAのモノラル盤がネット・オークションに出ていたが、復刻盤のざっと10倍の値段が付いていた。


にほんブログ村

|

« トレーシング・アストル~ピアソラへのオマージュ3 | トップページ | WATER/エレーヌ・グリモー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トレーシング・アストル~ピアソラへのオマージュ3 | トップページ | WATER/エレーヌ・グリモー »