« マーラー 交響曲第6番、亡き子を偲ぶ歌/バーンスタイン、ウィーンフィル他(180g高音質重量盤) | トップページ | ハチャトリアン 仮面舞踏会組曲、カバレフスキー 道化師/コンドラシン、RCAビクター交響楽団(Analoge Productions高音質復刻重量盤LP) »

2016年4月29日 (金)

マーラー 交響曲 7番/バーンスタイン、ニューヨークフィル(180g高音質重量盤LP)

Swscan01092

Swscan01094

これは、今月発売になったばかりのマーラー 交響曲 7番/バーンスタイン、ニューヨークフィル(1985年録音:ドイチェ・グラモフォン)の復刻重量盤LPである。

20歳代の頃からマーラーの交響曲は好きであったが、中でもこの7番は一番とっつきにくいというか、理解が難しいものだと思っていた。それが、この録音のCDが発売され、初めて聴いた時に、この曲の良さみたいなものが判るようになった。

また、1960年代のアメリカCBSコロムビアのバーンスタイン、ニューヨークフィルでの録音と比べると、バーンスタインの円熟というか、スケールの大きい偉大な指揮者となったという感じを受けるのだ。だから、とっつきにくかった7番であるが、今回の復刻LPの発売では迷わずすぐに注文した。

音質はというと、1980年代半ばのドイチェグラモフォンの音質とは思えない良い状態で復刻してくれており、6番などのウィーン・フィルとはまた違った、ニューヨーク・フィルのアメリカ的な現代性を感じさせる機能美みたいなものが、このLPでの方がCDよりも良くわかるような気がする。


にほんブログ村

|

« マーラー 交響曲第6番、亡き子を偲ぶ歌/バーンスタイン、ウィーンフィル他(180g高音質重量盤) | トップページ | ハチャトリアン 仮面舞踏会組曲、カバレフスキー 道化師/コンドラシン、RCAビクター交響楽団(Analoge Productions高音質復刻重量盤LP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マーラー 交響曲第6番、亡き子を偲ぶ歌/バーンスタイン、ウィーンフィル他(180g高音質重量盤) | トップページ | ハチャトリアン 仮面舞踏会組曲、カバレフスキー 道化師/コンドラシン、RCAビクター交響楽団(Analoge Productions高音質復刻重量盤LP) »