« ホワッツ・ニュー/リンダ・ロンシュタット(Analogue Productions 200g重量盤LP) | トップページ | 夢のあとに 白鳥/藤原真理ロマンティック・チェロ・ミニアチュアーズ(LP) »

2016年8月30日 (火)

ショスタコーヴィッチ 交響曲第5番/ストコフスキー、ニューヨーク・スタジアム交響楽団(DCC180g重量盤LP)

Swscan01170

これは、1958年録音のEVERESTレーベル音源のもので、1996年にスティーブ・ホフマンがリマスターし、DCC Compact Classicsから発売された180gの高音質LPレコードである。当時、DCC Compact ClassicsはPOPSやJAZZの古い音源をリマスターし、高音質のCDやLPを発売していたが、EVERESTレーベルのクラシック音源を数枚、180gの重量盤で発売した。当時も、その音質に驚いたが、それを今聴いても印象は変わらない。3チャンネルのオリジナル・マスターからプレイバックには全て特別製の真空管システムを使い、直にカッティングされていて、鮮度は抜群であり、同時期のRCA リビング・ステレオ音源やマーキューリー・リヴィング・プレゼンス音源の高音質盤と比べても、遜色ないクオリティに仕上がっている。

Swscan01171

レオポルト・ストコフスキーという指揮者は、戦前にフィラデルフィア管弦楽団の音楽監督を20年以上務め、SP盤での録音も多かった。ディズニー・アニメの「ファンタジア」の音楽も彼が指揮していた。ニューヨーク・スタジアム交響楽団というのはニューヨーク・フィルそのもので、レコード会社の契約の関係で当時は、ニューヨーク・フィルと表記出来なかったための仮称である。

ストコフスキーは、同時代の現代音楽を沢山指揮している。このショスタコーヴィッチ 交響曲第5番は1930年代に旧ソ連で作曲されたものだが、ストコフスキーはすぐに取り上げて録音しSP盤で発売している。だから、この録音は2度目のものという事になる。

このEVERESTレーベルの録音では、手練れが揃ったニューヨーク・フィルを充分にドライブし、濃厚でやや派手目に音楽を造っている。私は、意外にこの演奏は名演ではないか、と思っている。久しぶりに聴いてみて、その感想は変わらなかった。


にほんブログ村

|

« ホワッツ・ニュー/リンダ・ロンシュタット(Analogue Productions 200g重量盤LP) | トップページ | 夢のあとに 白鳥/藤原真理ロマンティック・チェロ・ミニアチュアーズ(LP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホワッツ・ニュー/リンダ・ロンシュタット(Analogue Productions 200g重量盤LP) | トップページ | 夢のあとに 白鳥/藤原真理ロマンティック・チェロ・ミニアチュアーズ(LP) »