« モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ集/グリュミオー、クリーン(高音質180g重量盤LP5枚組) | トップページ | ロッシーニ 序曲全集/マリナー、アカデミー室内管弦楽団(4LP) »

2016年10月14日 (金)

ブルー・トレイン/ジョン・コルトレーン(180g重量盤)

Swscan00039

Swscan00040

DeAGOSTINIのJAZZのLPレコード第2弾は、ジョン・コルトレーンのブルー・トレインで、すでに発売され、本屋さんの店頭に並んでいる。値段は¥1990(税込)だ。手持ちのこの180g重量盤を聴きながら買うかどうか考えて、結局買うのを止めた。

このLPレコードは、1997年に米Capitolレコードが発売した重量盤で、買ってから20年近くが経過している。改めて聴いてみて、これがあればDeAGOSTINIのは無くて良いと思ったのだ。初回のカインド・オブ・ブルーの音質はかなり良く、それと同等のカッティングやプレスをしてくれているとなればかなり期待が持てるが、この20年近く前の重量盤も東芝EMIから出ていた国内LP盤を駆逐してしまった位の音質だし、ノイズがほとんど無くプレスの質はおそらくDeAGOSTINI盤より良い。おまけに、EsotericSACD/CDハイブリッド盤でも持っているからお腹いっぱいで、¥1990あるなら何か別のLPなりCDなりを買った方が良いとの判断だ。

このLPレコードを買った頃は、バブル経済の崩壊で山一證券が倒産したりアジア通貨危機があって、景気はあまり良くなかった。CDの全盛時代だったからアナログ・レコードは、世間一般から忘れられつつあったが、一部にはDJスクラッチなどをやる若者が沢山居て、DJ専門のレコード店まであった。そのお店にはTechnics SL-1200やBestaxのレコードプレーヤーが沢山置いてあって、私にはあまり興味がないダンス・ミュージックやヒップホップのLPレコードが所狭しと置いてあった。このお店にはクラシックのLPレコードなど全く無かったが、片隅にジャズ・レコードのコーナーが少しあって、その中にBLUE NOTE レーベルの180g復刻重量盤がひっそりと置かれていた。しかも¥2000位とそんなに高くない値段で。だが、このお店は、今はもう無い。

もし、アナログLPが聴ける環境があって、JAZZにも興味があるけれど、ブルー・トレインのLPレコードを持っていないなら、迷わずDeAGOSTINIのは買おう。カインド・オブ・ブルーよりは難解かもしれないけれど、名盤だし、1枚は持っていても良いと思う。


にほんブログ村

|

« モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ集/グリュミオー、クリーン(高音質180g重量盤LP5枚組) | トップページ | ロッシーニ 序曲全集/マリナー、アカデミー室内管弦楽団(4LP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ集/グリュミオー、クリーン(高音質180g重量盤LP5枚組) | トップページ | ロッシーニ 序曲全集/マリナー、アカデミー室内管弦楽団(4LP) »