« LPかCDか その再生の自分史 | トップページ | 管弦楽名曲集~禿山の一夜、スペイン奇想曲、ラ・ヴァルス、中央アジアの草原にて/クリュイタンス、フィルハーモニア管弦楽団(Hi-Q180グラム重量盤) »

2016年11月29日 (火)

ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲/フランチェスカッティ、ワルター、コロムビア交響楽団(180gLP)

Swscan00073

Swscan00075

これは、VINYL PASSION がSONY CLASSICALからマスターを借りてプレスした重量盤LPである。2015年に発売された。価格も¥2000しないお手頃価格である。ジャケットやレーベルは、オリジナルとは全く異なるモノクロのシンプルなもので、フランチェスカッティ、ワルターの写真が小さいと感じるかも知れないが、実際には30cm四方の大きなジャケットにこの大きさの写真なので、そんなに違和感は無い。

この録音は1961年であるからもう55年も前のものだ。ワルター/コロムビア交響楽団のものは、ニュー・リミックスド・マスター、いわゆる当時の録音プロデューサーだったジョン・マックルーアが、1980年頃にオリジナルの4トラック・マスターテープからステレオ2チャンネルにリミックスし直したマスター・テープをデジタルコピーしたものが日本に送られてきて、それを基に作られたLPレコードが20ACで始まる番号のもの。同じマスターから製造された初期のCDは¥3500であったが、このLPはこれらの音源とは音質がかなり異なる。もっとスッキリして細部がよくわかり、低域がスリムでありながら最低域までしっかり伸びているような感じだ。初期のデジタル・リマスター盤にある高域のざらつき感が無い。

ジノ・フランチェスカッティのヴァイオリンは、高貴で美しい音色が保たれており、ワルター、コロムビア交響楽団のオーケストラも、以前聴いた統率の緩いような感じは微塵も無く、高貴にあふれた美しさがある。

VINYL PASSTION のLPレコードは、今のデジタル・マスターから起こされたLPレコードで、音はハイレゾに近いかも知れない。プレス状態も良くノイズがほとんど無いのも好感が持てるし、現代のアナログLPレコードとして充分に存在価値があるものだと思う。今までのLPレコードやCDでは判らなかった演奏の魅力がわかる貴重なソフトだ。


にほんブログ村

|

« LPかCDか その再生の自分史 | トップページ | 管弦楽名曲集~禿山の一夜、スペイン奇想曲、ラ・ヴァルス、中央アジアの草原にて/クリュイタンス、フィルハーモニア管弦楽団(Hi-Q180グラム重量盤) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« LPかCDか その再生の自分史 | トップページ | 管弦楽名曲集~禿山の一夜、スペイン奇想曲、ラ・ヴァルス、中央アジアの草原にて/クリュイタンス、フィルハーモニア管弦楽団(Hi-Q180グラム重量盤) »