« ベートーヴェン 交響曲第6番(田園)/ワルター、ウィーンフィル(5枚組SP盤) | トップページ | ナウズ・ザ・タイム/チャーリー・パーカー(DeAGOSTINI180g重量盤LP) »

2016年11月15日 (火)

モーツァルト ドンジョバンニ/クルレンツィス、ムジカ・エテルナ(3CD)

Swscan00064

これは、2015年11月に録音され、最近になって発売されたモーツァルトのオペラ全曲盤のCDセット。通常のプラスチック・ケースには入っておらず、ぶ厚いハードカバーのブックレットにCDが付属しているような装填で、これで輸入盤ならば¥2000ちょっとで買えるのは非常にお買い得感がある。尚、4枚組のLPレコードでも限定発売されている。

モーツァルト
歌劇 “ドン・ジョヴァンニ” K.527(全曲)

ディミトリス・ティリアコス(バリトン/ドン・ジョヴァンニ)
ヴィート・プリアンテ(バリトン/レポレッロ)
ミカ・カレス(バス/騎士長)
ミルト・パパタナシュ(ソプラノ/ドンナ・アンナ)
ケネス・ターヴァー(テノール/ドン・オッターヴィオ)
カリーナ・ガウヴィン(ソプラノ/ドンナ・エルヴィーラ)
グイード・ロコンソロ(バリトン/マゼット)
クリスティーナ・ガンシュ(ソプラノ/ツェルリーナ)

テオドール・クルレンツィス(指揮)
ムジカ・エテルナ

2015年11月23日-12月7日、ロシア、ペルミ、セッション録音

テオドール・クルレンツィスは、モーツァルト、ダ・ポンテ三部作の中の「フィガロの結婚」、「コシ・ファン・トゥッテ」をすでに録音し発売している。とても個性的な解釈ではあるが斬新で切り口が鋭い音楽を構築していた。ダ・ポンテ三部作の中でも、とりわけ劇的でデモーニッシュな感じがある「ドン・ジョバンニ」は、一番、芸風にマッチしたものではないかと思うし、期待を裏切らない出来であった。古楽器を使ったムジカ・エテルナを緻密にドライブして劇的で切れ味が鋭い。歌手陣も指揮者の意向をよく理解して歌っている様に思う。

録音も鮮明である。遠目から録ったようなものではなく、マイクを近接設置し、細かい音はなるべく拾うという録音だと思う。その為に音楽の劇的な部分がよりわかりやすい感じに仕上がっている。オペラの映像のない全曲録音というのは、最近はとても少ない。セッション録音であればさらに珍しい。そんな中で、個性的な演奏ではあるが、秀逸なCDが出てきたというのが正直な感想であった。


にほんブログ村

|

« ベートーヴェン 交響曲第6番(田園)/ワルター、ウィーンフィル(5枚組SP盤) | トップページ | ナウズ・ザ・タイム/チャーリー・パーカー(DeAGOSTINI180g重量盤LP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベートーヴェン 交響曲第6番(田園)/ワルター、ウィーンフィル(5枚組SP盤) | トップページ | ナウズ・ザ・タイム/チャーリー・パーカー(DeAGOSTINI180g重量盤LP) »