« チャイコフスキー バレエ「くるみ割り人形」全曲/プレヴィン、ロンドン交響楽団(2LP WARNER CLASSICS) | トップページ | ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番/リヒテル、ヴィスロツキ、ワルシャワ国立交響楽団(VINYL PASSION180gLP) »

2016年12月30日 (金)

チャイコフスキー 交響曲 第6番「悲愴」/フルトヴェングラー、ベルリンフィル(6枚組SP盤)

Dsc_024

Swscan00111

フルトヴェングラー/ベルリンフィルによる1938年の録音のSP盤。6枚12面に記録されている。フルトヴェングラーには、1951年のカイロにおけるライヴ録音もあるが、録音の古い1938年盤はスタジオ録音なので、古い割に聴きやすい。私は、こちらの方が好きだ。

実は、19歳の時、この音源の東芝音楽工業製の復刻LPを中古で見つけて聴いたのが、「悲愴」を初めて全曲通して聴けた最初の経験だった。少し傷みのあるペラジャケの古いLPレコードで、確か¥500以下だった記憶がある。録音は古いしSPの復刻なので継ぎ目も判るようなものだったが、非常に印象深い経験だった。それ以後、沢山の「悲愴」を聴いてきたが、特に第4楽章の奈落の底へ落ちるような泣き叫んでいるような悲惨な響きのする演奏には出会っていない。最初に刷り込まれた演奏というのは、今でも影響力を持っている。それ以前にもカラヤンの1960年代録音の悲愴を聴いてはみたものの、若気の至りで最後まで通して聴く事が出来ないでいた。

SPレコードを電気再生して聴くようになってから、シンフォニーなどの大編成のものが蓄音機で聴くより楽しめるものになった。電気再生の方が低音が出やすくてスケールの大きい再生が出来るからだ。おまけに針圧が軽いので、盤に優しい。但し、蓄音機再生の時よりも盤質の良いものでないと、きちんとした再生は難しい。

そのようなわけで最近手に入れた6枚セットのSP盤は、やはり良かった。復刻盤を聴くよりその当時のものをそのまま聴くほうが良い。全曲通して聴くためには、12面を取替ながら聴かなければいけないので、デジタル化して自前でCDを作ってみた。今、手に入る復刻CDよりもノイズは多いが楽器の音色や鮮度やエネルギー感がSP盤をそのまま聴くのに近い状態で聴けるようになった。現在では、EMIのSP録音の金属原盤は廃棄されてデジタルデータしか残っていないようなので、尚更、SPレコードを再生して聴けるというのは貴重だと思う。

電気再生の装置

レコード・プレーヤー:Technics SL-1200GAE

カートリッジ:audiotechnica AT-MONO3/SP(40ΩMC型)

フォノイコライザー:Softone Model #4(MC-Hiポジションで受ける)

audiotechnica AT-MONO3/SPは、フォノイコライザーが通常LPのRIAAフォノイコライザーを通すと丁度SP盤がバランス良く聴けるように作られているという事で、このままで普通のアンプとスピーカーに繋ぐと、バランスの良い再生が出来る。


にほんブログ村

|

« チャイコフスキー バレエ「くるみ割り人形」全曲/プレヴィン、ロンドン交響楽団(2LP WARNER CLASSICS) | トップページ | ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番/リヒテル、ヴィスロツキ、ワルシャワ国立交響楽団(VINYL PASSION180gLP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チャイコフスキー バレエ「くるみ割り人形」全曲/プレヴィン、ロンドン交響楽団(2LP WARNER CLASSICS) | トップページ | ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番/リヒテル、ヴィスロツキ、ワルシャワ国立交響楽団(VINYL PASSION180gLP) »