« スケッチ・オブ・スペイン/マイルス・デイビス(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | レハール メリー・ウィドウ/シュトルツ、ウィーン国立歌劇場、ギューデン他 »

2017年1月31日 (火)

フロトウ マルタ/ヘーガー、バイエルン国立歌劇場

フリードリッヒ・フォン・フロトウのオペラ「マルタ」の西ドイツ盤のLPセットを入手した。

Swscan00131

Swscan00134

実はこのセットは英国初版で持っていたので、西ドイツ盤は今まで手を出さなかったのだが、格安だった西ドイツ盤があったので買ってみたのだ。

Swscan00132

Swscan00135

こちらが、英国初版。英国初版は、「マルタ」全曲を2枚半、5面にカットしていて、第6面には、タイトル・ロールを歌ったアンネリーゼ・ローテンベルガーのオペラ・アリア集が入っていた。そのオペラ・アリア集は、西ドイツ盤のこの美しい顔写真のジャケットの1枚のLPレコードから半分が選ばれていた。

Swscan00136

今回、手に入れた「マルタ」の西ドイツ盤のLPセットは、3枚6面全部を使って、余裕を持ってこのオペラ全曲が入っていた。カットに余裕が有るためか、この西ドイツ2版は英国初版よりずっとダイナミックレンジも広く良い音質である。どうやら、このフロトウ 「マルタ」/ヘーガー、バイエルン国立歌劇場の音源は、西ドイツ・エレクトローラ録音で西ドイツ盤がオリジナルのようだ。

解説書も、西ドイツ盤には英国盤には載っていない写真もあったり、西ドイツ盤の方が詳しい。このオペラは大好きで時々聴くが、今まで西ドイツ盤のLPを買わなかったのは不覚だった。

このオペラには、オペラに全く興味のない人も知っている歌が入っている。それは、「まじめで働き者の娘さん」 "Mädchen, brav und treu"の冒頭の部分、(日本では「爺さん酔っぱらって酒のんでころんだ」という歌詞で歌われている)と、「夏の名残のばら」 "Letzte Rose" (Last Rose of Summer) である。

"Letzte Rose" (Last Rose of Summer)のユーチューブにあった音源を貼り付けてみた。

Singers of the European Opera Centre Elsa Benoit, soprano - Martin Piskorski, tenor

日本では、ご存知、「庭の千草」として知られている歌だ。

要はあまり片意地はらずにお気軽に聴けるオペラなのだ。残念ながらCDでは国内盤は廃盤で入手困難。ただし輸入盤なら今もお安く入手できる。1968年の録音。歌手は、アンネリーゼ・ローテンベルガー、ブリギッテ・ファスベンダー、ニコライ・ゲッダ、ヘルマン・プライを起用した超豪華キャストだが、もうすでにブリギッテ・ファスベンダーを除いた3人は鬼籍に入っている。


にほんブログ村

|

« スケッチ・オブ・スペイン/マイルス・デイビス(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | レハール メリー・ウィドウ/シュトルツ、ウィーン国立歌劇場、ギューデン他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スケッチ・オブ・スペイン/マイルス・デイビス(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | レハール メリー・ウィドウ/シュトルツ、ウィーン国立歌劇場、ギューデン他 »