« ベートーヴェン 交響曲第5番/フルトヴェングラー、ウィーンフィル(ワーナー180g重量盤LP) | トップページ | ベートーヴェン ピアノ協奏曲 1番、5盤/ギーゼキング、クーベリック、ローター »

2017年2月21日 (火)

ベートーヴェン ピアノ協奏曲 5番/ギーゼキング、ガリエラ、フィルハーモニア管(西独初期LP盤)

Swscan00160

Swscan00159

これは、1955年録音のステレオ盤。EMIの最初期のステレオ録音であり、疑似ステレオではない。しかしながら、何故かイギリス本国では1960年代初め頃にステレオ盤では発売されておらず、古いLPレコードでは、ドイツ盤、フランス盤などでしか入手できない。これが、¥700だったので拾ってみた。

演奏は、巷で言われるより悪くない。ワルター・ギーゼキングのピアノは弱音部分の繊細さ、明解なタッチで美しく、アルチェオ・ガリエラに統率されたフィルハーモニア管もなかなか盛り上げる。

CDでも入手出来るが、このLPレコードで聴くと、音にどっしりと厚みがあり、ピアノの音色もより美しい感じがする。しかし、若干ぼやけた感じがする。1955年というとEMIは試験的にステレオ録音を開始したばかりで、充分なノウハウが蓄積出来ていなかった可能性がある。1951年のモノラルでカラヤンとの録音もあるが、そちらのほうがバランスが良いかも?1956年になると、カラヤン/フィルハーモニア管のR・シュトラウス「薔薇の騎士」などの名録音があり、これは初期盤で聴いても勿論のこと、今の復刻CDで聴いても素晴らしい音質である。

ギーゼキングは、ベートーヴェンに関して、ピアノ協奏曲もピアノソナタも全集を完成せずに逝った。そのためか、話題に昇ることは少ない。だから、初期盤が¥700という破格だったのかも知れない。


にほんブログ村

|

« ベートーヴェン 交響曲第5番/フルトヴェングラー、ウィーンフィル(ワーナー180g重量盤LP) | トップページ | ベートーヴェン ピアノ協奏曲 1番、5盤/ギーゼキング、クーベリック、ローター »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベートーヴェン 交響曲第5番/フルトヴェングラー、ウィーンフィル(ワーナー180g重量盤LP) | トップページ | ベートーヴェン ピアノ協奏曲 1番、5盤/ギーゼキング、クーベリック、ローター »