« イエロー・サブマリン/ビートルズ | トップページ | モーツァルト ドンジョヴァンニ/ジュリーニ、フィルハーモニア管 »

2017年3月31日 (金)

ドニゼッティ ランメルモールのルチア/セラフィン、フィレンツェ5月祝祭o.他

240

Swscan00199

1953年の録音。マリア・カラス(S)、ジュゼッペ・ディ・ステーファノ(T)、ティート・ゴッビ(Br)の3人が歌っている1950年代のイタリアオペラのEMI録音には、優れたものが多いが、これもその1つ。

このLPレコードは1950年代にプレスされた英国発売の初期盤だが、フラット盤ではないので初版ではないと思う。マリア・カラス、セラフィンのコンビはスカラ座で録音したステレオ盤もあるが、それはこちらですでに書いている。

http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-7992.html

このフィレンツェ5月祝祭o.とのモノラル盤は、1953年から1957年頃のマリア・カラスの声が一番充実していた時に録音されたものである上に、ジュゼッペ・ディ・ステーファノやティート・ゴッビなどの他の配役の歌もステレオ盤でのタリアヴィーニやカップッチルリよりも勝っている。歌声の競演みたいな感じで聴きたい人はこちら一択である。

ステレオ盤よりも録音は古くて悪いのだが、初期盤のLPの音質は、Fレンジが狭いものの非常に鮮明で歌声を聴くのに何ら問題はない。


にほんブログ村

|

« イエロー・サブマリン/ビートルズ | トップページ | モーツァルト ドンジョヴァンニ/ジュリーニ、フィルハーモニア管 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イエロー・サブマリン/ビートルズ | トップページ | モーツァルト ドンジョヴァンニ/ジュリーニ、フィルハーモニア管 »