« モーツァルト 「魔笛」/クレンペラー、フィルハーモニア管 他 | トップページ | ヴェルディ オペラアリア集/ クレスパン、プレートル、パリ音楽院管弦楽団 »

2017年5月16日 (火)

オッフェンバック 喜歌劇『ラ・ペリコール』 /プラッソン、トゥールーズ市立管弦楽団、 テレサ・ベルガンサ ホセ・カレーラス 他

Swscan00251

Swscan00253

ジャック・オッフェンバックのオペレッタ「ラ・ペリコール」全曲盤のフランス盤の2枚組LPレコード。1981年録音。

このレコードは、テレサ・ベルガンサ(ラ・ペリコール)、 ホセ・カレーラス(ピキーヨ)の二人の歌手が素晴らしいのに加え、プラッソン、トゥールーズ市立管弦楽団、合唱団のフランスらしい活気があってかつ明るく美しい演奏で、録音で聴ける「ラ・ペリコール」の中では音質も含め一番の名盤である。

特に、テレサ・ベルガンサが歌うラ・ペリコールの『手紙の歌』、『ほろ酔いのアリエット』、『あんたはハンサムじゃない』は絶品で、この3つの歌を聴くだけでも聴き手は幸せになれる。そんなレコード。

シュザンヌ・ラファイエのペリコール、イーゴリ・マルケヴィチ指揮/ラムルー管弦楽団の古い録音のものがユーチューブに有ったので貼り付けてみた。

ところで、このフランス盤に付いてきたリブレットの表紙の写真がこれ。

Swscan00254

こちらは国内盤LPのリブレット表紙。

Swscan00255

表紙の写真がフランス盤はカラーなのに国内盤はモノクロで、内部のプラッソンの写真やその他の配役の写真など、印刷がフランス盤のやつと比べると相当に悪い。国内盤のリブレットには、高崎保男氏の解説と真崎隆治氏による日本語対訳がとても役立つが、ちょっとお粗末な感じだ。

音質もフランス盤の方が音色が鮮やかな感じで歌手の肉声も鮮明で、音質が良い。国内盤写真の印刷とレコードの音質が同じように劣化しているのが何とも言えない。

フランス盤のプラッソンの顔写真

Swscan00260

国内盤のプラッソンの顔写真

Swscan00256

フランス盤のリブレットの写真

Swscan00259

国内盤のリブレットの写真

Swscan00258

このように、本国で発売されたオリジナル盤と国内盤を比べると音質だけでなくリブレットにも差がある。やっぱりオリジナル盤が良いと思うのだが、国内のレコード会社から広告料を貰っているレコード評論の出版社や評論執筆家は、口が裂けてもそんな事は書けない。


にほんブログ村

|

« モーツァルト 「魔笛」/クレンペラー、フィルハーモニア管 他 | トップページ | ヴェルディ オペラアリア集/ クレスパン、プレートル、パリ音楽院管弦楽団 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モーツァルト 「魔笛」/クレンペラー、フィルハーモニア管 他 | トップページ | ヴェルディ オペラアリア集/ クレスパン、プレートル、パリ音楽院管弦楽団 »