« イフ・ユアー・ロンリー/エリック・ジャスティン・カズ | トップページ | J・シュトラウス2世 オペレッタ集(10CD) »

2017年6月30日 (金)

J・シュトラウス2世 ジプシー男爵/アラース、バイエルン国立歌劇場

Dsc_0240

今回は、コレクター的なヨタ話。J・シュトラウス2世 ジプシー男爵/アラース、バイエルン国立歌劇場の西ドイツ・エレクトローラ盤のLPレコードで、これについては数ヶ月前にこのブログで書いてみた。演奏も、音質も良い優良盤である。

http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/j2-7659.html

とても良いセットで、しかもオーディオ・チェックにも使える位の高音質盤なので、同じ盤が格安で出たなら買おうと思っていた。そして最近手に入れたのだが、どうも、今まで持っていたものと異なるのだ。

Dsc_0242

まずは、ボックス。今まで持っていたものは、外周部は布張りだったが今回手に入れたものは外周部が紙で仕上げられていて、裏の印刷がご覧のように反対だった。

Dsc_0241

重ねて背表紙を見ると、今回買ったものは若干箱の厚みが薄くなっていて、右端に写っている犬の四角いマークが小さい。

Dsc_0243

レコードの同じ1面のレーベルを並べて写してみると、以前から持っていた左のものよりも今回入手した右のものはカラーの犬マークが若干薄い。それだけではなく、レコード盤の重量がかなり異なる。キッチン秤で計ってみると左のは158gあるが右のは134gしか無い。持った感じも明らかに重量感が違う。 内袋はどちらも紙製だが左のはハトロン紙を張ったものだが、右のは普通のビニールを張ったもので、異なっていた。

このレコードの録音年は1968年で、左のは1973年頃の第一次オイルショック前に製造されたもので右のは1970年代半ば頃の金色のレーベルが赤色に変わる直前頃に製造されたものと推測できる。今まで持っていた物の方が古いものの様だ。

肝腎のコンディションと音質だが、今回入手したものもノイズは少なくて非常に音質が良く、Fレンジの両端が良く伸びてそれでいて音が薄っぺらな感じにならない。中域の厚みや中低域の馬力みたいなものは、以前から持っている盤の方が明らかに感じられた。

同じ音楽だし、どちらでも良い音で楽しく聴けるからどうでも良い事なのだが、気になり出して、きちんと比較してみた。ヨタ話にお付き合い下さって有難うございました。


にほんブログ村

|

« イフ・ユアー・ロンリー/エリック・ジャスティン・カズ | トップページ | J・シュトラウス2世 オペレッタ集(10CD) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イフ・ユアー・ロンリー/エリック・ジャスティン・カズ | トップページ | J・シュトラウス2世 オペレッタ集(10CD) »