« ソニー・サイド・アップ/ディジー・ガレスピー、ソニー・スティット、ソニー・ロリンズ他(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | シューベルト 弦楽四重奏曲第14番[死と乙女]、13番[ロザムンデ]/イタリア弦楽四重奏団(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »

2017年10月31日 (火)

アート・テイタム-ベン・ウェブスター・カルテット(EsotericSACD/CDハイブリッド盤)

Swscan00139
2017年6月20日に発売されたEsoteric SACD/CDハイブリッド盤で、6枚組の「Verve 6 Great Jazz」のボックスセットの中の1枚。1956年9月モノラル録音でアート・テイタムの死の2ヶ月前の録音である。Verve 6 Great Jazzの中でこれだけはPABLOレーベルだが、オリジナルはVerveの録音であり、VerveとPABLOはノーマン・グランツが作った兄弟レーベルである。Verveレーベルを手放したノーマン・グランツがアート・テイタムの音源を買い取って新たに興したPABLOレーベルで発売したからPABLOレーベルになっているらしい。

正統的なJAZZであるが、アート・テイタムの独特の節回しのピアノ、優しさに溢れたベン・ウェブスターのテナーサックスが深みのある音で鳴り、2曲目の「オール・ザ・シングス・ユー・アー」ではレッド・カレンダーのアルコの低い胴鳴りのするベースが哀愁をそそる。モノラルだから音は広がらないが、自然な残響音は入っていてバランスの良い音質である。

「Verve 6 Great Jazz」のボックスセットは、1950年代の古い音源のものばかりだが、鮮明でヌケが良く分厚く勢いのあるジャズらしい音でリマスターされており、なかなか良いと思う。


にほんブログ村

|

« ソニー・サイド・アップ/ディジー・ガレスピー、ソニー・スティット、ソニー・ロリンズ他(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | シューベルト 弦楽四重奏曲第14番[死と乙女]、13番[ロザムンデ]/イタリア弦楽四重奏団(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソニー・サイド・アップ/ディジー・ガレスピー、ソニー・スティット、ソニー・ロリンズ他(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | シューベルト 弦楽四重奏曲第14番[死と乙女]、13番[ロザムンデ]/イタリア弦楽四重奏団(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »