« ENYA Celts (BBC CD605 Manufactured by Nimbus Records) | トップページ | モーツァルト ヴァイオリン協奏曲3,4,5番/トゥーシェン、トロンハイム・ソロイスツ(192K/24bit flac) »

2017年12月12日 (火)

ジャクリーヌ・デュ・プレ/5レジェンダリー・レコーディングズ・オン・LP

Dsc_0241

Dsc_024

これは2017年11月に限定発売された、ジャクリーヌ・デュ・プレの5枚組LPレコードセット。180gの重量盤で96K/24bitのデジタルマスターからカッティングされている。

LP1
エルガー:
1) チェロ協奏曲ホ短調 Op.85
2) 歌曲集『海の絵』Op.37
ジャクリーヌ・デュ・プレ(チェロ:1)
ジャネット・ベイカー(メゾ・ソプラノ:2) ロンドン交響楽団 ジョン・バルビローリ(指揮)

LP2
1) ハイドン:チェロ協奏曲第1番ハ長調 Hob.VIIb-1
2) ボッケリーニ:チェロ協奏曲変ロ長調(グリュツマッヒャー改訂)
ジャクリーヌ・デュ・プレ(チェロ)
イギリス室内管弦楽団 ダニエル・バレンボイム(指揮)

LP3
1) シューマン:チェロ協奏曲イ短調 Op.129,
2) サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番イ短調 Op.33
ジャクリーヌ・デュ・プレ(チェロ)
ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 ダニエル・バレンボイム(指揮)

LP4
R.シュトラウス:交響詩『ドン・キホーテ』Op.35
ジャクリーヌ・デュ・プレ(チェロ) ハーバート・ダウンズ(ヴィオラ)
ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 エイドリアン・ボールト(指揮)
※初アナログLP盤発売

LP5
ドヴォルザーク:
1) チェロ協奏曲ロ短調 Op.104
2) 森の静けさ Op.68-5
ジャクリーヌ・デュ・プレ(チェロ)
シカゴ交響楽団 ダニエル・バレンボイム(指揮)

LP4を除く4枚は当時のオリジナルカップリングで、ジャケット写真もオリジナルと同一。5枚が全て収まるボックスは丈夫なハードカバーでジャクリーヌ・デュ・プレがチェロを演奏している写真が誂えられていて、コレクションとして持つものの満足度は高い。それでいて、価格は1枚あたり¥1100程度と決して高くない。LP4を除く音源は、1970年代の英国プレスのLPレコードで持っているが、このデジタルマスターから造られたLPレコードは鮮明な音質で分解能が高い感じで現代的な音質に仕上がっている。このセットはそれなりに高音質であり、通常のCDよりずっと良い音質である。

今回初めてアナログLPレコードで発売されたLP4の『ドン・キホーテ』も良い音質で良い演奏である。1968年4月のアビー・ロード・スタジオでの録音であるから、間違いなくスタジオ録音なのだが、LPレコードで販売するための録音では無かったのだと思われ、演奏が終了した時にオーケストラ演奏者からデュ・プレへ向けてブラボーという叫び声や拍手が入っていた。

デジタルマスターからのカッティングLPなので、ハイレゾを聴く人からみたら滑稽に思えるかも知れないが、今のデジタルマスターからカッティングされたLPレコードは決して侮れない音質のものが存在する。このセットも価格を考えたら非常に良いセットだと思う。e-オンキヨーでデュ・プレのハイレゾ音源を検索したら、ハイドン、エルガー、ドヴォルザークの協奏曲は出てきたが、シューマンとサンサーンスのは無く、価格は高く1枚あたり¥3000を超えていた。ハイレゾはマスターからデータを作ってサイトにアップロードするだけで商品となるわけで、アナログレコードほど手間がかからないはずなのに1枚あたり3倍程度もするの何故なのか?そういった事を考えても、この5枚組のLPレコードはとてもお値打ちだと言えるだろう。

今年は、個人的にハイレゾ再生元年となったが、デュ・プレのは暫くハイレゾは買わずに、LPレコードを聴こうと思う。


にほんブログ村

|

« ENYA Celts (BBC CD605 Manufactured by Nimbus Records) | トップページ | モーツァルト ヴァイオリン協奏曲3,4,5番/トゥーシェン、トロンハイム・ソロイスツ(192K/24bit flac) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ENYA Celts (BBC CD605 Manufactured by Nimbus Records) | トップページ | モーツァルト ヴァイオリン協奏曲3,4,5番/トゥーシェン、トロンハイム・ソロイスツ(192K/24bit flac) »