« 限りなきドラム/マックス・ローチ | トップページ | モーツァルト 魔笛/クレンペラー、フィルハーモニア管(96K 24bit flac) »

2018年1月30日 (火)

プッチーニ トゥーランドット/メータ、ロンドンフィル、サザーランド、パヴァロッティ、カバリエ他(米LONDON3枚組LP)

Swscan00246

Swscan00248

1970年代初め頃の録音のズービン・メータ指揮による「トゥーランドット」の3枚組LPレコードは、英国発売のオリジナル盤なら、アナログLPレコードを聴くオーディオ・ファンには有名である。なぜならThe Absolute Sound誌が選定した高音質盤のリストであるTAS Super Disc List に掲載されているから。なので、下の英国盤SET 561-3は、状態の良いものならネットオークションで結構高い値段が付く。

R582470014038011391301_jpeg

米国LONDON OSA 13108は、ボックスやリブレットは米国製だが、LPレコード盤本体は英国発売盤と同じ工場でプレスされた英国製である。だから、細かい事を言えば若干派手めな傾向であるが英国SET 561-3と音質はほぼ同等だと言って良い。もう一つ、英国盤SET 561-3は、普通に1枚目SIDEA、B、2枚目SIDEC、D、3枚目E、Fとなっているが、米国LONDON OSA 13108はSIDE1の裏面はSIDE6、SIDE2の裏面はSIDE5、SIDE3の裏はSIDE4となってオートチェンジャーカットになっているのが異なる。

私のトゥーランドット全曲盤のお気に入りは、ラインスドルフ盤(RCA)とかモリナーリ=プラデッリ盤(EMI)、エレーデ盤(DECCA)である。トゥーランドット姫やカラフが、サザーランドやパヴァロッティよりもっとドラマチックな声質の歌手の方が良いように思うからだ。だから、今までこの盤の高価なオリジナル盤には手を出さなかったのだが、安い中古盤があったので拾ってみた。

お気に入りのトゥーランドット全曲盤の録音は何れも1950~60年代のもので古いので、オーディオ的にはこのメータ盤の方が良い音であるのは間違いない。米国LONDON盤でも盤のコンディションさえ良ければ、オーディオ的に満足できる音質で再生できる。尚、この音源はハイレゾでも発売されているので、そのうちに購入して聴いてみたい。


にほんブログ村

|

« 限りなきドラム/マックス・ローチ | トップページ | モーツァルト 魔笛/クレンペラー、フィルハーモニア管(96K 24bit flac) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 限りなきドラム/マックス・ローチ | トップページ | モーツァルト 魔笛/クレンペラー、フィルハーモニア管(96K 24bit flac) »