« ワーグナー 「さまよえるオランダ人」全曲/クレンペラー、ニュー・フィルハーモニア管(3枚組LP) | トップページ | ファリャ はかなき人生/ナバロ、ロンドン交響楽団、ベルガンサ他(2枚組LP) »

2018年2月16日 (金)

マーラー 交響曲 「大地の歌」/クレンペラー、フィルハーモニア管、ニュー・フィルハーモニア管(24bit/96k flac)

Photo
e-オンキヨーの年末年始セールで購入したもの。このマーラー 交響曲 「大地の歌」は、古今の名盤中の名盤なので、英オリジナルLP、英第3版LP、EsotericSACD/CDハイブリッド盤、通常輸入CDなど、同一音源のものを多く持っていてすでにこのブログに書いているのだが、ハイレゾではどのような音質なのか興味があって、聴いてみた。

英オリジナルLP、英第3版LP

http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-544f.html

EsotericSACD/CDハイブリッド盤

http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/sacdcd-4a35.html

特に、同じDAコンバーターを使って、CDトランスポートからEsotericSACD/CDハイブリッド盤 をかけたのと、PCでのハイレゾ再生の違いに興味があった。

DAコンバーター周りの現状の再生環境はこんな感じ。

http://www.geocities.jp/asd2251sxl2001sax2251/D05X.html

力強い肉厚感を感じるのはEsoteric盤の方だが、スッキリ・クッキリして弦の音や歌手の声がより自然に聴こえたのはハイレゾの方だった。どちらが良いかは好みが分れると思うが、弦や声の質感はハイレゾの方が高品位なので、これからはハイレゾを聴く方が多くなると思う。


にほんブログ村

|

« ワーグナー 「さまよえるオランダ人」全曲/クレンペラー、ニュー・フィルハーモニア管(3枚組LP) | トップページ | ファリャ はかなき人生/ナバロ、ロンドン交響楽団、ベルガンサ他(2枚組LP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワーグナー 「さまよえるオランダ人」全曲/クレンペラー、ニュー・フィルハーモニア管(3枚組LP) | トップページ | ファリャ はかなき人生/ナバロ、ロンドン交響楽団、ベルガンサ他(2枚組LP) »