« マーラー 交響曲 「大地の歌」/クレンペラー、フィルハーモニア管、ニュー・フィルハーモニア管(24bit/96k flac) | トップページ | Audiophile Speaker Set-Up(DSD 11.2MHz) »

2018年2月20日 (火)

ファリャ はかなき人生/ナバロ、ロンドン交響楽団、ベルガンサ他(2枚組LP)

Navarro

Swscan00257

マニュエル・デ・ファリャ作曲 歌劇「はかなき人生」全曲、バレエ「恋は魔術師」全曲、ガルシア・ナバロ指揮、ロンドン交響楽団のLPレコードのボックスセット。

「恋は魔術師」の方は、小澤征爾指揮、ボストン交響楽団によるバレエ「三角帽子」全曲とカップリングされてCDで発売されているが、「はかなき人生」は、現在、CDでは発売されていない。とても素晴らしい演奏でしかも音質も良いのにもったいない気がする。

歌劇「はかなき人生」 主なキャスト

サルー(ジプシーの娘): テレサ・ベルガンサ
パコ(サルーの恋人):  ホセ・カレーラス
サルーの祖母:  アリシア・ナフェ
サルバオール(祖母の弟): ユアン・ポンス
カルメーラ(パコの婚約者): パロマ・ペレス・イニゴ
マヌエル(カルメーラの兄): ラモン・コントレーラス
カンタオール(フラメンコ歌手): マニュエル・マイレーナ
カスタネットと踊り: ルセロ・テナ
ギター: ナルシソ・イエペス 

1978年の録音当時、30歳代の若いスペインの指揮者であったガルシア・ナバロは、情熱的な指揮でスペイン的な血みたいなものをイギリスのオーケストラや合唱団に注ぎ、よくまとまった名演に仕上げている。

テレサ・ベルガンサは貫禄を感じさせるほどの素晴らしい歌唱で、彼女の存在は大きい。他の歌手もスペイン系で良く揃っている。文句を言うなら、祖母役のアリシア・ナフェ(この人の歌もとても良いのだが)の声が若く感じられ、サルー役のテレサ・ベルガンサと似ていて、もう少し年老いた感じの声だったらという、いささか望みすぎな感じだけだ。

有名な二幕冒頭のスペイン舞曲のカスタネットと踊りや婚礼のフラメンコのシーンも良い。カンタオール(フラメンコ歌手)役のマニュエル・マイレーナは本物のフラメンコ歌手だ。

尚、このLPレコードの音質はすこぶる良い。オーディオ・マニアにも受けるものだと思う。こんなセットがたった¥300で入手できた。このセットは西ドイツプレスの初版盤である。

ユー・チューブに、スペイン舞曲のカスタネットのルセロ・テナの動画があったので貼ってみた。少しお年を召して踊りが無いのが残念だが。本LPレコードにはフラメンコのような踊りの足音も入っている。

尚、このLPレコードのリブレット中の写真を載せておく。

はかなき人生初演当時の マニュエル・デ・ファリャ

Swscan00261

主要なキャスト

Swscan00258

録音中のシーン 

ナルシソ・イエペス(ギター)やルセロ・テナ(カスタネットと踊り)も居る。

Swscan00259

Swscan00260


にほんブログ村

|

« マーラー 交響曲 「大地の歌」/クレンペラー、フィルハーモニア管、ニュー・フィルハーモニア管(24bit/96k flac) | トップページ | Audiophile Speaker Set-Up(DSD 11.2MHz) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マーラー 交響曲 「大地の歌」/クレンペラー、フィルハーモニア管、ニュー・フィルハーモニア管(24bit/96k flac) | トップページ | Audiophile Speaker Set-Up(DSD 11.2MHz) »