« ワルツ・フォー・デビー/ビル・エヴァンス・トリオ(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | フル・ハウス/ウエス・モンゴメリー(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »

2018年3月30日 (金)

サイドワインダー/リー・モーガン(EsotericSACD/CDハイブリッド盤)

The_sidewinder

2017年12月にEsotericから発売されたグレート・ジャズ・セレクション 6 という6枚組SACD/CDハイブリッド盤セットのうちの1枚。グレート・ジャズ・セレクション 6 は、JAZZの名盤中の名盤を集めた6枚組のボックスで、レーベルもバラバラである。

ウィントン・ケリー/ケリー・ブルー
ビル・エヴァンス/ワルツ・フォー・デビイ
ウェス・モンゴメリー/フル・ハウス
バド・パウェル/ザ・シーン・チェンジズ
リー・モーガン/ザ・サイドワインダー
オスカー・ピーターソン/プリーズ・リクエスト

CD層を聴いた感想だが、何れもかなり高音質で、このサイドワインダーは、低域を欲張らず、引き締まって力強いドラムとベースの上に中域のぶ厚い管やピアノが乗っかっているような音創りで、昔のLPレコードのバランスに似ている。それでいてすこぶる鮮明である。i以前Esotericから発売された、ブルーノート・レーベル6グレート・ジャズのセットとはかなり音質傾向が異なるマスタリングである。

1970年代前半のプレスと思われるブルーノート・レーベルがリバティに吸収された後の米国盤LPと1990年代後半に発売された180g重量盤の聴き比べを1月にやったが、古いリバティ盤の方に近いバランスのような感じだ。

http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-a7f5.html

大きい音で聴くとリー・モーガンのトランペットやジョー・ヘンダーソンのテナーサックスが、鮮烈で、ジャズはこうでなくちゃ、と思わせるようなディスクだと感じた。


にほんブログ村

|

« ワルツ・フォー・デビー/ビル・エヴァンス・トリオ(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | フル・ハウス/ウエス・モンゴメリー(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワルツ・フォー・デビー/ビル・エヴァンス・トリオ(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | フル・ハウス/ウエス・モンゴメリー(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »