« We Get Requests/オスカー・ピーターソン・トリオ(24bit 96K flac) | トップページ | バッハ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ/チョン・キョンファ(180gLP3枚組) »

2018年3月 9日 (金)

ラスト・ライヴ・アット・ダグ/グレース・マーヤ(SACD/CDハイブリッド盤)

Swscan00291

これは、2006年12月25,26日におけるライブ録音で、新宿にあるDUGというJAZZライブハウスの最後のコンサートの模様をDSD録音一発録りで行ったもの。

実際、この録音は、長く続いたライブハウスへの思い入れのあるミュージシャンと観客が一体となっている類まれな記録であって、録音もすこぶる良いものだと思う。SACDプレーヤーが無くても、CD層を普通のCDプレーヤーで聴いても充分にその良さは判ると思う。

尚、JAZZライブハウスDUGは、オーナーの高齢による引退で終了したものの、息子さんが跡を継いでジャズ・バー[new DUG]として再興されている。

この音楽ソフトを知ったのは、2月25日に静岡の[すみやサウンドギャラリー]というオーディオ店で、アキュフェーズ、ラックスマン、エソテリックという、現在の日本を代表するオーディオ・メーカーのフラッグシッププリメインアンプ、3機種の聴き比べが出来る試聴会でかかっていたものだった。試聴会は前日にも行われていて、前日の試聴会を聴いた知人から、面白いから是非聴いてこいという電話をもらい、たまたま時間もあったので出かけてみた。試聴会の中でこのディスクの4曲目のMona Lisaという曲をエソテリックの担当の方がかけてくれて、気に入ったので自分も欲しくなり、演奏者とタイトル名を聞いて早速取り寄せてみたのだ。

すみやサウンドギャラリー フラッグシッププリメインアンプ スクランブル試聴会

http://www.sumiya-sg.co.jp/topics/event2/index.html

この音源は、ハイレゾ・データとしては販売されていないようであるが、データだけのハイレゾではなく、パッケージ・ディスクを買って良かったと思った。ライナー・ノーツにはDUG店主の中平穂積氏が長い歴史の有るDUGの思い出というべきものが書かれていて、そういった物もこのディスクには必要不可欠なものだと思うからだ。

尚、この音源についてネットであれこれ検索したら、[逸品館]という大阪のオーディオ店が、1曲目の[Root 66]を試聴用に使っていて、ユーチューブにアップされていたので貼り付けてみる。尚、この曲のみ、トランペットの日野皓正さんがサプライズゲスト出演して、ごきげんな日野トーンが聴ける。


にほんブログ村

|

« We Get Requests/オスカー・ピーターソン・トリオ(24bit 96K flac) | トップページ | バッハ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ/チョン・キョンファ(180gLP3枚組) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« We Get Requests/オスカー・ピーターソン・トリオ(24bit 96K flac) | トップページ | バッハ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ/チョン・キョンファ(180gLP3枚組) »