« リヒャルト・シュトラウス ナクソス島のアリアドネ/カラヤン、フィルハーモニア管 | トップページ | バルトーク、プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第1番/オイストラフ、リヒテル »

2018年5月 1日 (火)

ヴェニス /ショルティ、コヴェント・ガーデン王立歌劇場(LSC2313 復刻重量盤)

Swscan00641

Swscan00642

収録曲

SIDE1
ヴェルディ 椿姫 第一幕への前奏曲
ロッシーニ アルジェのイタリア女序曲
ヴェルディ 椿姫 第三幕への前奏曲
オッフェンバック ホフマン物語から 舟歌

SIDE2
ロッシーニ セミラーミデ序曲
ポンキエッリ ラ・ジョコンダから 時の踊り

ゲオルグ・ショルティ コヴェントガーデン王立歌劇場

ステレオ初期の録音で、RCAレーベルだがDECCAチームが録音し、録音エンジニアはケネス・ウィルキンソン。オリジナル盤は高価だが、これは180g重量盤でバーニー・グランドマンがリマスターとカッティングをしたCLASSC RECORDSから1990年代に発売されたもの。手持ちに同じものを持っているのだが、中古屋さんで見かけ拾った。ダブリというやつだ。

若い頃のショルティらしくオーケストラをガンガンドライブしている。英国のオーケストラらしいしなやかな表現は減退している。バーニー・グランドマンがリマスターとカッティングをしたCLASSC RECORDSから発売されたRCAの復刻盤は音質が良いものが多いが、これは若干高域がきつくて一連のシリーズの中では不出来な方かも知れない。少しFレンジの狭いプレーヤーシステムで聴いたほうがバランスが良い。

オリジナル盤が高すぎて買えないのと、復刻盤の中古を久しぶりに見たので、買ってしまった。1枚は保守用にしようと思う。見開きのジャケットに穴が空いていて、カラー印刷のブックレットが豪華でカッコ良い。


にほんブログ村

|

« リヒャルト・シュトラウス ナクソス島のアリアドネ/カラヤン、フィルハーモニア管 | トップページ | バルトーク、プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第1番/オイストラフ、リヒテル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リヒャルト・シュトラウス ナクソス島のアリアドネ/カラヤン、フィルハーモニア管 | トップページ | バルトーク、プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第1番/オイストラフ、リヒテル »