« ショスタコーヴィチ 交響曲5、8、9番他/ネルソンス、ボストン交響楽団(24bit 96K Flac) | トップページ | ブルックナー 交響曲第8番/カラヤン、ウィーンフィル(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »

2018年6月26日 (火)

モーツァルト ピアノ協奏曲20,21番/グルダ、アバド、ウィーンフィル(EsotericSACD/CDハイブリッド盤)

Friedrich_gulda_wiener_philharmonik

今月発売されたEsoteric SACD/CDハイブリッド盤の1枚。1970年代のアナログ録音の、名盤の復刻である。

この録音のはLPレコードやオリジナル・ビット・マッピングによる復刻CDも持っているが、この新しいEsoteric SACD/CDハイブリッド盤は、ピアノの質感が素晴らしい。力強いのと同時に美しさや余韻の部分が良い。

ピアニストのフリードリッヒ・グルダも指揮者のクラウディオ・アバドも、LPレコードに解説を書いていた評論家の黒田恭一も皆、あの世に逝ってしまったが、演奏そのものは現在聴いても新鮮であり古臭くない。

Esoteric SACD/CDハイブリッド盤はカラヤン/ウィーンフィルのブルックナー8番が同時発売され、次いでオペラのデル=モナコ、テバルディ、カラヤンの「オテロ」とクライバーの「トリスタンとイゾルデ」が発売されたが、すでに販売元は販売を終了しており、流通在庫しかない。これだけ人気があるのは、良い音源を素晴らしいリマスターで復刻し、真面目な仕事をしているからだと思う。


にほんブログ村

|

« ショスタコーヴィチ 交響曲5、8、9番他/ネルソンス、ボストン交響楽団(24bit 96K Flac) | トップページ | ブルックナー 交響曲第8番/カラヤン、ウィーンフィル(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ショスタコーヴィチ 交響曲5、8、9番他/ネルソンス、ボストン交響楽団(24bit 96K Flac) | トップページ | ブルックナー 交響曲第8番/カラヤン、ウィーンフィル(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »