« プッチーニ トゥーランドット/モリナーリ=プラデッリ、ローマ歌劇場、ニルソン、コレルリ、スコット他(タワーレコード SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | 愛の讃歌他/エディット・ピアフ(シャンソン名盤シリーズLP) »

2018年6月 8日 (金)

ブラームス ヴァイオリン協奏曲/ミルシテイン、フィストゥラーリ、フィルハーモニア管(World Record Club)

Swscan00583

Swscan00587

Swscan00585

これは、1960年にEMI/Capitolに録音された音源を1960年代終わり頃にWorld Record Clubが版権を借りて再発したLPレコード。再発でレーベルも変わってしまっているが、プレスは英EMIが行っており、同時期のEMI盤とクオリティ何ら変わりない。ジャケット裏も三方向折返しジャケットとなっており、1960年代に製造されたものである。

ナタン・ミルシテインのドイチェ・グラモフォンから発売された1970年代のヨッフム/ウィーンフィルのブラームス ヴァイオリン協奏曲のSACD/CDハイブリッド盤がタワーレコードから発売され、その音質の良さとロマンチックな表現に満ちた演奏を聴いて、改めて1960年のアナトール・フィストゥラーリ/フィルハーモニア管による録音をきちんと聴き直してみた。ヴァイオリンの貴公子と呼ばれたような高貴な表現は、このアナトール・フィストゥラーリ/フィルハーモニア管の方がふさわしい。というか、やはり私はこちらの演奏のほうが好きだ。

この音源は、英Capitolのオリジナル盤も持っている。上のWorld Record Club盤と比べると、実勢価格は一桁違う。音質はオリジナル盤の方が濃厚で鮮度が高い感じだが、差はそれほど大きくない。だから、普段聴きには上の盤で充分だと思うし、輸入盤のCDよりは音質はずっと良い。下のは希少価値もあって、高価になっている。

Swscan00588

Swscan00590

Swscan00591


にほんブログ村

|

« プッチーニ トゥーランドット/モリナーリ=プラデッリ、ローマ歌劇場、ニルソン、コレルリ、スコット他(タワーレコード SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | 愛の讃歌他/エディット・ピアフ(シャンソン名盤シリーズLP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プッチーニ トゥーランドット/モリナーリ=プラデッリ、ローマ歌劇場、ニルソン、コレルリ、スコット他(タワーレコード SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | 愛の讃歌他/エディット・ピアフ(シャンソン名盤シリーズLP) »