« カイエ /大貫妙子 | トップページ

2018年7月13日 (金)

BEST OF 25 YEARS / STING (2LP)

Swscan00603

Swscan00605

Swscan00607
これは、Stingがソロ活動25周年記念で発売したもので、CDでも発売されているが、アナログは2枚組で収録曲は少ない。

収録曲

SIDE 1
01. If You Love Somebody Set Them Free
02.Englishman In New York
03. We'll Be Together
04. Fragile

SIDE 2
05. All This Time
06. If I Ever Lose My Faith In You
07. Fields Of Gold

SIDE 3
08. Desert Rose
09. Whenever I Say Your Name
10. Never Coming Home

SIDE 4
11. Message In A Bottle (Live at Irving Plaza)
12. Demolition Man (Live at Irving Plaza)
13. Heavy Cloud No Rain (Live at Irving Plaza)

私は、Stingのアルバムは、ジョン・ダウランドの曲をリュートの伴奏で歌った2006年の作品「Songs From the Labyrinth」しか持っていなかった。これも、限定でアナログLPが発売されたが、買ったのはCD版である。「Songs From the Labyrinth」は、クラシック音楽と言えるもので、クラシック音楽のレーベルであるDeutsche Grammophonから発売された。

聴く音楽の8割以上がクラシックなので、Stingのアルバムは「Songs From the Labyrinth」だけあれば良いのだが、ジョン・ダウランドに畏敬の念を持つロック・アーチストのさわりを聴きたいという要望には、このLPレコードは充分に応えてくれた。それまで13曲のうち、知っていたのはFields Of Goldだけであった。

このLPレコードは重量盤ではなく通常の重さ。プレスはポピュラー音楽の外盤LPとしては水準で、時にノイズが混じるが、気になるほどではない。アナログレコードのブームは本物のようで、特に欧米のLPレコードは、こんなものまで発売されているのか、と思うほどアイテムが多くなった。


にほんブログ村

|

« カイエ /大貫妙子 | トップページ

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カイエ /大貫妙子 | トップページ