« シベリウス 交響曲全集 管弦楽曲集/バルビローリ、ハレ管(TOWER RECORDS DEFINITION SERIES SACDハイブリッド盤) | トップページ | モーツァルト ピアノ・ソナタ8,11,14,15番/ピリス(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »

2018年9月21日 (金)

“永遠なるケーナの巨匠”アントニオ・パントーハ・ベスト

Swscan00657

アントニオ・パントーハは、ケーナ吹きの大御所のような人であった。ペルーで生まれ、後にアルゼンチンに移住してフォルクローレやケーナの音楽を世界中に広めるのに貢献した。当時、中南米では、アルゼンチンのブエノスアイレスなどの都市部でしか音楽で食べていくことは難かったであろう。弟子に、有名なケーナ吹きであるウニャ・ラモス(この人も故人)という人もいた。

フォルクローレというのは民族音楽の事を言うが、日本では、中南米アンデス地方の民族音楽を指すのが一般的である。1970年代、サイモンとガーファンクルが「コンドルは飛んでゆく」をカバーして大ヒットしてから、フォルクローレはブームになった。このCDもその頃に録音された音源で、LPで発売されたものをCD1枚にまとめベスト盤のような形にしたのがこのCDである。

中南米アンデス地方の民族音楽の中でも、ボリビア、エクアドル、ペルー、アルゼンチン北部にまたがるインカ帝国の血を引く先住民の音楽と、スペインから来たラテン音楽が混ざり合って出来上がったものがその代表。アントニオ・パントーハの音楽は、ペルーの素朴な感じの中に、アルゼンチンのラテン的な感じがあって、先住民が多いボリビアの土臭いフォルクローレとはちょっと異なる。このCDでは曲によってはエレクトリックベースが使われたりしているので、100%土着の音楽では無い。また、娘であるマルタ・イネスの澄んだ高い声が特徴の歌が入っている曲もある。いずれにせよ、大御所のケーナが存分に楽しめるCDである。

このCDは1992年頃発売されたもので、アントニオ・パントーハが亡くなってしばらくして出たもの。1976年頃、「ケーナの真髄」というLPレコードをよく聴いていたこともあり、中古で見かけ懐かしくて購入してしまった。


にほんブログ村

|

« シベリウス 交響曲全集 管弦楽曲集/バルビローリ、ハレ管(TOWER RECORDS DEFINITION SERIES SACDハイブリッド盤) | トップページ | モーツァルト ピアノ・ソナタ8,11,14,15番/ピリス(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シベリウス 交響曲全集 管弦楽曲集/バルビローリ、ハレ管(TOWER RECORDS DEFINITION SERIES SACDハイブリッド盤) | トップページ | モーツァルト ピアノ・ソナタ8,11,14,15番/ピリス(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »