« プッチーニ トゥーランドット/エレーデ、聖チェチーリア音楽院(3LP) | トップページ | オペラ座の夜/クイーン(Deagostini180g重量盤) »

2018年11月23日 (金)

ホテル・カリフォルニア/イーグルス (192K/24bit Flac)

Hotel_california

12月13日まで、e-オンキヨーでイーグルスのアルバム10タイトルが割安になっているのでホテル・カリフォルニア(192K/24bit Flac)を買ってみた。

ホテル・カリフォルニアのハイレゾを買ったのには、個人的にもう一つ理由がある。ソニーのハイレゾウォークマンを買って、出張などで新幹線に乗るときにもハイレゾを聴けるようになったからだ。

アナログレコードは、デジタル化しない限りお手軽には聴けない。ハイレゾの良いところは、ポータブルDAPで手軽にどこでも聴けるところだというのが、今更ながら身にしみて判った。ハイレゾウォークマンで手軽に聴くのも良し、本格的なスピーカーできちんとしたUSB-DACを通して聴くもまた良い。リスニングルームで聴く音質は、CDよりもはハイクオリティな180g重量盤LPの音質に近い。レンジが広い上に真ん中が分厚い。ただし、好みの問題ではあるが、拙宅の環境では、よりエレキギターの音色が良く、ベースやドラムの音も明解なので、アナログLPの方が良い感じ。

ウォークマンは初代のカセットのやつを1979年に買った。当時はLPレコードをカセットデッキでカセットテープに録音し、それをウォークマンに入れて聴いていた。当時のウォークマンも携帯出来る大きさのものなのに音質は良いと思ったが、現代のハイレゾウォークマンも、小さいのに良い音であり、電車の中で聴いていて音質に不満は無い。電車の中でも歩いている時でも、いつでも手軽に良い音で聴けるのがハイレゾ。要は、音楽の聴き方の幅が広がる。

ホテル・カリフォルニア/イーグルス(180g重量盤高音質LP)については一昨年にこのブログで書いている。

http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/180lp-2911.html


にほんブログ村

|

« プッチーニ トゥーランドット/エレーデ、聖チェチーリア音楽院(3LP) | トップページ | オペラ座の夜/クイーン(Deagostini180g重量盤) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プッチーニ トゥーランドット/エレーデ、聖チェチーリア音楽院(3LP) | トップページ | オペラ座の夜/クイーン(Deagostini180g重量盤) »