« ホテル・カリフォルニア/イーグルス (192K/24bit Flac) | トップページ | ベートーヴェン ピアノ協奏曲/ バックハウス、シュミット=イッセルシュテット(米LONDON LPレコード) »

2018年11月27日 (火)

オペラ座の夜/クイーン(Deagostini180g重量盤)

Swscan00709

Swscan00712

今月始めに発売されたDeagostiniの180g重量盤。もうすでにネット上では様々なレビューが載せられているが、私の印象は、それほど悪くない。レコード盤のプレスの状態はまずまずで、音質も昔の国内盤の再発LP(定価¥2000)よりも良いのではないか?

Deagostiniは、映画「ボヘミアンラプソディー」の上映に合わせてクイーンのLPレコードの販売に踏み切った。タイムリーというか商魂たくましいと思うのだが、何れにせよ昔なつかしいLPレコードが本屋で買えるのは良いことだし、充分に楽しめるものだと思う。

ジャケットはダブルジャケットで、ジャケ裏は最近の再発盤に多い変なバーコードも無い。右上にVirginのロゴ、一番下中央にwww.queenonline.comのロゴがあり、右下に銀色のステッカーが貼られている。

Swscan00711

このアルバムをLPレコードで聴いたのはほぼ30年ぶり位、クイーンのLPレコードは、ファーストからザ・ゲームまでのアルバムは当時すべて持っていたが、引っ越しの時に処分してしまっていた。久々に「オペラ座の夜」を通して聴いた印象は、クイーンというのはクラシック音楽やオペラの音楽の影響を多大に受けていたのだなということだが、10歳代の終わり頃から20歳代はじめ頃にはクラシックを沢山は聴いていなかったので、そういった印象もあまり無かった。曲はすべてクイーンのメンバーの自作のみで、スタジオ・ミュージシャンを使わず、全て自分たちが演奏している。

クイーンは日本との繋がりが強く、ファーストアルバムが逸速く売れだしたのは英国本国よりも日本だった。「手を取り合って」という日本語で歌われたオリジナル曲もあったし、このオペラ座の夜の中にも、日本のおもちゃの琴が使われている曲があったりする。


にほんブログ村

|

« ホテル・カリフォルニア/イーグルス (192K/24bit Flac) | トップページ | ベートーヴェン ピアノ協奏曲/ バックハウス、シュミット=イッセルシュテット(米LONDON LPレコード) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホテル・カリフォルニア/イーグルス (192K/24bit Flac) | トップページ | ベートーヴェン ピアノ協奏曲/ バックハウス、シュミット=イッセルシュテット(米LONDON LPレコード) »