« R・シュトラウス 「薔薇の騎士」全曲/カラヤン、フィルハーモニア管(96kHz/24bit flac) | トップページ | Love Is Here To Stay/トニー・ベネット、ダイアナ・クラール(96kHz/24bit flac)、180gアナログLP »

2018年12月28日 (金)

R・シュトラウス 「カプリッチョ」全曲/サヴァリッシュ、フィルハーモニア管

Swscan00750

伯爵夫人マドレーヌ::エリーザベト・シュヴァルツコップ
女優クローレン:クリスタ・ルートヴィヒ
作曲家フラマン:ニコライ・ゲッダ
伯爵:エーベルハルト・ヴェヒター
詩人オリヴィエ: ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ
劇場支配人ラ・ローシュ:ハンス・ホッター、他

フィルハーモニア管弦楽団 ヴォルフガング・サヴァリッシュ(指揮)
録音時期:1957~1958年  録音方式:モノラル(セッション)EMI音源

前回、カラヤン/フィルハーモニア管の「薔薇の騎士」について書いたが、このすぐ後に録音されたリヒャルト・シュトラウスの最後のオペラ「カプリッチョ」についても書こうと思う。

1956年のカラヤン/フィルハーモニア管の「薔薇の騎士」はステレオで録音されたが、こちらは何故かモノラル。版権が切れてNAXOSから発売されたCDを持っているが、音質はあまり良くない。NAXOSから出たCDだからなのか。これがステレオで「薔薇の騎士」並の音質で録音されていたならと、とても惜しい感じがする。しかし、音楽そのものはとても素晴らしい。音楽の美しさで言えば、数あるリヒャルト・シュトラウスのオペラの中でも最右翼ではなかろうか。

この時代の素晴らしい歌手を総動員して録音したものだし、まだ30歳代だったヴォルフガング・サヴァリッシュの指揮も良い。シュヴァルツコップの声は艶っぽく魅力的だが、録音のせいなのか若干口ごもったように聴こえることがあり、それが少しがっかりする部分。

1941年初演で、歌詞は指揮者のクレメンス・クラウスが書いている。物語は他愛のないもので、よくも厳しい戦時下で、このようなオペラが上演、公開できたなあというのが正直な所。当時の日本だったら、非国民の烙印を押されたに違いない。

これが、本年最後のブログ書き込みとなります。皆様、良いお年をお迎えくださいませ。


にほんブログ村

|

« R・シュトラウス 「薔薇の騎士」全曲/カラヤン、フィルハーモニア管(96kHz/24bit flac) | トップページ | Love Is Here To Stay/トニー・ベネット、ダイアナ・クラール(96kHz/24bit flac)、180gアナログLP »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« R・シュトラウス 「薔薇の騎士」全曲/カラヤン、フィルハーモニア管(96kHz/24bit flac) | トップページ | Love Is Here To Stay/トニー・ベネット、ダイアナ・クラール(96kHz/24bit flac)、180gアナログLP »