« ドヴォルザーク、グラズノフ ヴァイオリン協奏曲/ミルシテイン | トップページ | R・シュトラウス 「カプリッチョ」全曲/サヴァリッシュ、フィルハーモニア管 »

2018年12月25日 (火)

R・シュトラウス 「薔薇の騎士」全曲/カラヤン、フィルハーモニア管(96kHz/24bit flac)

R_strauss_der_rosenkavalier

元帥夫人:エリーザベト・シュヴァルツコップ
オックス男爵:オットー・エーデルマン
オクタヴィアン:クリスタ・ルートヴィヒ
ファーニナル:エーベルハルト・ヴェヒター
ゾフィー:テレサ・シュティッヒ=ランダル
マリアンネ:リューバ・ヴェリッチ
ヴァラザッキ:パウル・クーエン
アンニーナ:ケルシュティン・マイヤー
歌手:ニコライ・ゲッダ

フィルハーモニア合唱団(コーラス・マスター:ヴィルヘルム・ピッツ)
ラフトン少女ハイスクールとバンクロフツ・スクールの児童合唱団
フィルハーモニア管弦楽団  ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

録音:1956年12月  録音場所:ロンドン、キングズウェイ・ホールステレオ(セッション)

e-オンキョーの年末年始の割引セールで安くなっていたので買ってみたもの。割引セールは、決まりきったものになってしまっていて、欲しいものがあまり無い。新録音のものは割引になっているものはほとんど無く、とても高い。はっきり言って、海外のサイトで買った方がずっと安い。かつて国内盤のCDを2枚買う値段で輸入盤なら3枚の新譜が買えたが(今もそうだが)、ハイレゾも似たようなものである。ハイレゾは物というものが無い分、全世界で価格差が大きくあるというのは、CDよりもっとおかしいと思う。しかし、この音源は手持ちの3枚組CDよりもずっと安かった。

Swscan00744

これが手持ちの2001年リマスターのCD。このCDはかなり音質が良く、それまで聴いていたLPレコード(英国再発盤)を躊躇なく中古屋にやってしまった位だった。しかし、今回購入した96kHz/24bit flacは、このCDを明らかに上回る音質で、CDだと何となく曖昧だった部分がよりはっきり再現できるし、音場も広い。声の質感もハイレゾの方が良い。1956年のEMI録音だが、この音源は元の音質が素晴らしく良いのだろう。若干Fレンジは狭いものの不自然な感じがなく、当時の名歌手の歌が存分に楽しめた。あまりに良いので、オペラはハイレゾウォークマンでは聴かないつもりだったが、この音源はハイレゾウォークマンにも入れてお手軽に聴けるようにもした。


にほんブログ村

|

« ドヴォルザーク、グラズノフ ヴァイオリン協奏曲/ミルシテイン | トップページ | R・シュトラウス 「カプリッチョ」全曲/サヴァリッシュ、フィルハーモニア管 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドヴォルザーク、グラズノフ ヴァイオリン協奏曲/ミルシテイン | トップページ | R・シュトラウス 「カプリッチョ」全曲/サヴァリッシュ、フィルハーモニア管 »