« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月29日 (火)

シャルパンティエ イタリアの印象/ シャルパンティエ自作自演盤(SPレコード3枚組)

Dsc_0240

Swscan00768

シャルパンティエという有名なクラシックの作曲家は何人か居るが、1860年に生まれた、ギュスターヴ シャルパンティエの自作自演盤。この人の代表作は、オペラ「ルイーズ」だと思うが、オペラ以外だと「イタリアの印象」が一番有名で、日本ではオリジナルの管弦楽を吹奏楽版に編曲したものがしばしば演奏される。この人は第一次大戦後はほとんど作曲はしなかったようで残された作品は少ないが、第二次大戦頃までは自作のものを指揮したり演奏活動はしていたようだ。第二次大戦後は隠棲して1956年まで生きた。

このSPレコードでは、3枚6面に分かれていて、演奏時間が10分近い第5曲 ナポリ だけは3枚目の両面に入っている。

  • 1枚目A面 第1曲 セレナード Serenade
  • 1枚目B面 第2曲 泉のほとりで A la Fontaine
  • 2枚目A面 第3曲 ロバに乗って A mules
  • 2枚目B面 第4曲 山の頂きにて Sur les cimes
  • 3枚目    第5曲 ナポリ Napoli
  • 全部の演奏時間は23分位。LPレコードの片面に入ってしまう時間だが、SPレコードだと3枚組になってしまう。

    作曲家が自ら演奏したり指揮したりしたものは、作曲家がどのような意図を持って演奏されたいのかがわかるのでとても興味があるが、例えば、ラヴェルの「ボレロ」も自作自演盤が有って、それもSPレコードで持っているが、今日では「ボレロ」の名演奏が沢山有る中で比べると、しまりがなくてちょっとがっかりするような演奏なので、作曲家の指揮者としての技量がある程度良くないと、必ずしも良い演奏にはならないと思う。

    しかし、この「イタリアの印象」はとてもいい演奏で、オーケストラの統率も見事で、録音が古いけれど、現在でも模範になるであろう演奏である。録音は電気録音の初期だと思うので、1930年頃だと思う。正確な録音年をご存知の方は是非教えてください。

    このSPレコードは、ネットオークションで見つけた。フランスの初出盤となればそれなりの価値もあるだろうが、この盤は国内盤だし、コレクション的、骨董的価値は無い。なので、送料の方が高くつくような値段だった。しかし、演奏はとても良いのでこのセットは大切にしようと思う。また、手軽に通して聴きたいのでデジタル化してCD-Rに焼き、CDプレーヤーでも聴けるようにした。


    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    2019年1月25日 (金)

    チャイコフスキー イタリア奇想曲 リムスキー・コルサコフ スペイン奇想曲/コンドラシン/RCAビクター交響楽団(180g重量盤LP)

    Swscan00765

    Swscan00767

    録音は1958年。1990年代の半ば頃に復刻されたLPレコード。Classc Recoadsという今はもう無い復刻専門のレーベルが発売したもので、マスタリングやカッティングはバーニー・グランドマンが行い、プレスはアメリカRTI社のHQ-180であり、非常に高音質。1990年代なかば頃当時、Classc Recoadsが復刻したRCA Living Stereoの復刻LPは、ものによっては、オリジナルを上回る高音質のものがあるという事で話題になった。リマスターはデジタルを経由せず、全てアナログで行われている。

    尚、この音源は、前回ご紹介した、「ハチャトリアン 組曲 仮面舞踏会 カバレフスキー 道化師」とカップリングされてSACDでも復刻されている。しかし、これらの音源については、アナログLPの方が良い音質だと思う。

    私は、アナログLPブームとは関係なく、世の中がCD一色になった時代にもずっとLPレコードを聴いてきた。数年前からアナログブームが起きて安いレコードプレーヤーが家電量販店に並ぶようになり、良く売れているという。しかし、この手のレコードプレーヤーというのは、取り敢えずLPレコードが聴けるというだけで、CDなどのデジタルよりも良い音で聴けるのかというと、そうではない。アナログLP をCDよりも良い音で聴こうとすれば、それなりに機器にもお金がかかるし、調整やLPレコードのクリーニングなどの手間がかかる。

    だから、お手軽なレコードプレーヤーを買ってアナログLPを聴き始めたのは良いが、何だ、アナログLPは面倒だし、ノイズも出るし、音もデジタルの方が良いじゃん、という風になるのは目に見えている。エントリーモデルには1万円を切るレコードプレーヤーもあるけれど、こういったモデルは、そもそもオーディオ的には不満が多いもので、CDを上回る音質を目指すとなれば、少なくともレコードプレーヤーやカートリッジ、フォノイコライザーを揃えて数十万円位の投資が必要だと思うし、レコードプレーヤーでLPレコードをかけるまでの手間暇が面倒を厭わない事が必要になるので、結局、ブームは一過性に終わるのでは、と思う。しかしながら、このブームによって、クラシック音楽も随分とLPレコードの新譜が出るようになったのは有り難い。ただ、限定盤なので、入手できる時に買っておかないと、入手が難しくなるものが多い。


    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    2019年1月22日 (火)

    ハチャトリアン 組曲 仮面舞踏会 カバレフスキー 道化師/コンドラシン、RCAビクター交響楽団(Analogue Productions 200gLP)

    Swscan00761

    Swscan00763

    2014~15年ごろにAnalogue Productionsから発売された復刻重量盤LPで、昨年手に入れた。まだ、現行新品で入手可能だと思う。Analogue Productionsは非常に高音質な復刻盤を制作するので有名であるが、様々なジャンルやレーベルの重量盤のLPレコードやSACDなどを発売している中で、RCAのLIVING STEREOのクラシック音源のものは特に良いものが多いように感じる。これもその1枚。1958年録音。

    このLPレコードを買った理由は、20年以上前に、Classc Recoadsという今はもう無い復刻専門のレーベルが発売した、コンドラシン/RCAビクター交響楽団による「チャイコフスキー イタリア奇想曲 リムスキー・コルサコフ スペイン奇想曲」のカップリングの180gの重量盤で高音質なLPレコードを持っていて、これがとても音質が良くまた演奏も良くて、今も大切に聴いているからであった。持っていなかった「ハチャトリアン 組曲 仮面舞踏会 カバレフスキー 道化師」がLPレコードで復刻されてAnalogue Productionsから出ているのを知って買ってみたのである。

    旧ソビエト連邦出身の指揮者であるキリル・コンドラシンは、米国人のピアニスト、ヴァン・クライバーンが1958年のチャイコフスキー国際コンクールで優勝した時の本選で指揮をしていた。そのためなのか、クライバーンが米国に戻って凱旋演奏をするときに同行した。また、RCAから発売されたヴァン・クライバーンによるチャイコフスキーピアノ協奏曲第1番やラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番でもコンドラシンが指揮をしていた。そして、この米国滞在時に、「チャイコフスキー イタリア奇想曲 リムスキー・コルサコフ スペイン奇想曲」とともに録音され、2枚の管弦楽曲のLPレコードとして発売されたうちの1枚がこのLPレコードである。

    演奏は、何れの曲も、コンドラシンらしい華のあるダイナミックな演奏であり、このLPレコードでは、カバレフスキーの道化師が特に素晴らしいと思った。音質もすこぶる良く、このLPレコードのクオリティでSACDやCDで出そうと思っても、相当に難しいのではないかと思える。音の厚みや力感があって楽器の音色の艶も良い。特に弦楽器の音はこのLPレコードを聴いた後にSACDやCDを聴くと不満に感じる。また、ジャケットがツヤのある丈夫な厚紙でできた豪華なものであり、コレクションとしても、とても満足できる仕様であるのも嬉しい。


    にほんブログ村

     

    | | コメント (0)

    2019年1月18日 (金)

    ブラームス 交響曲全集/アバド、ベルリン・フィル(EsotericSACD/CDハイブリッド盤)

    Swscan00760

    2018年12月にEsotericから発売されたSACD/CDハイブリッド盤。2018年12月に発売された3タイトルの中で、個人的に一番期待していたのが、この3枚組のセットである。

    カラヤンの後、ベルリン・フィルの音楽監督になったのはクラウディオ・アバドであるが、この録音が行われた1980年代終わりから1990年頃には、すでにアバドはベルリン・フィルを完全に手中に収め、全く違和感のないブラームス交響曲全集を完成させた。元のCDは4つの交響曲がバラで4枚で発売され、その中には、この3枚組のセットに収められていない声楽作品もあった。しかし、今回、それらの作品が除かれたといっても全く違和感がなく、音質が相当に向上しているのが有り難い。これは、アバド渾身のブラームスである。

    特に良いと思ったのは、第1番と第4番。誇張がない中興な表現の中に、表現力の高さと細かい情感表現がなされた非常に秀逸な全集である。

    Esotericの発売作品を選択される方はアバドが大好きなんだな、と思ってしまう。良いと思ったものをリマスターして出してくれれば良いんです。この路線で突き進んでほしい。


    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    2019年1月15日 (火)

    ベートーヴェン 交響曲 第6番「田園」、シューベルト 交響曲 第5番/ベーム、ウィーンフィル(EsotericSACD/CDハイブリッド盤)

    Swscan00759

    2018年12月にEsotericから限定発売されたSACD/CDハイブリッド盤。

    カール・ベーム/ウィーンフィルのベートーヴェン 交響曲 第6番「田園」は、LPレコード時代の「田園」交響曲のベスト盤だった。それが、シューベルト 交響曲 第5番とカップリングされて高音質なSACD/CDハイブリッド盤として甦ったのは嬉しい。

    特に、「田園」の緩徐楽章のしっとりとした歌わせ方は、ウィーンフィルならではのもので、カール・ベームがウィーンフィルの魅力を充分に引き出した名演奏だと言える。シューベルト 交響曲 第5番の方も、ウィーンフィルの良さが随所に現れた、しなやかな名演奏。

    音質は1971年の「田園」交響曲と1979年のシューベルト 交響曲 第5番では少し違っていて、シューベルト 交響曲 第5番の方が鮮度がより保たれていてより高音質である。


    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    2019年1月11日 (金)

    ベートーヴェン 交響曲 第5番、第7番/クライバー、ウィーンフィル(EsotericSACD/CDハイブリッド盤)

    Swscan00758

    2018年12月にEsotericから発売されたSACD/CDハイブリッド盤。OIBP(オリジナル・ イメージ・ビット・プロセッシング)の通常輸入CDと比べると、音の鮮度、厚み、楽器の細やかな音色がより優れている事がわかる。

    ベートーヴェン第5番、第7番ともにオリジナルLP、及び、《カルロス・クライバー/デラックスLPボックス》コンプリート・オーケストラ・レコディング on DG というカルロス・クライバーの没後10年に合わせ、ドイチェ・グラモフォンのオペラを除くすべての録音のものを180g重量盤で4枚組LPBOXで限定発売されたものも持っているが、EsotericのSACD/CDハイブリッド盤が発売された事で、LPでなければという事が無くなった。

    《カルロス・クライバー/デラックスLPボックス》

    コンプリート・オーケストラ・レコディング on DG 

    http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/lp-on-dg-7222.html

    カルロス・クライバーは、個人的にオペラの全曲盤の方が良いものが多いと感じるし、これらのベートーヴェン第5番、第7番も、私的にはクライバーの演奏が最高だとは思わない。しかし、音楽の勢いを重視した情熱的で躍動感あふれる良い演奏である。

    1970年代のアナログ末期の録音であるので、マスターテープの劣化が酷くないのも良い音質でリマスター出来ている理由の一つだろう。Esotericには、なるべく長くこのような名盤の復刻シリーズを継続して欲しいと願っている。


    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    2019年1月 8日 (火)

    ビゼー:アルルの女 組曲1、2  シャブリエ:スペイン狂詩曲、楽しい行進曲/モレル、コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団(180g重量盤LP)

    Swscan00756

    Swscan00757

    前回、ジャン・モレルがパリ音楽院管弦楽団を指揮したAnalogue Productionsから発売されたLPレコードについて書いたが、こちらは1997年頃購入したClassc Recoadsが発売した復刻盤。これらもとても高品質な復刻で、マスタリング、カッティングはバーニー・グランドマンが行い、プレスは米国RTI社で行われたものだが、今聴いてもその音質の良さには感心する。この録音も英DECCAチーム、エンジニアはケネス・ウィルキンソンである。

    録音は1958年で、パリ音楽院管弦楽団を指揮したアルベニス:イベリアとラヴェル:スペイン狂詩曲の録音の前年。このジャケット写真に写っているダンスをしている若者たちも、今生きていても、おじいさん、おばあさんになっているだろう。

    この音源のLPレコードもAnalogue Productionsから発売されているが、このClassc Recoadsから発売された復刻盤を持っているので購入していない。Classc Recoadsのはジャケットの紙質が今風に薄く、その点はAnalogue Productionsから発売されているものに比べ見劣りする。

    音楽は、ダイナミックにやや派手で色彩感あふれる表現をしている。英国のオーケストラだが、ジャン・モレルの個性は充分に発揮されていると思う。

    前回と今回の2枚のLPレコードの音源は、CD1枚に収められてDECCAから輸入盤で発売されている。忘れ去られるには惜しい音源である。


    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    2019年1月 4日 (金)

    アルベニス イベリア全曲、ラヴェル スペイン狂詩曲/モレル、パリ音楽院管弦楽団(200g重量盤LP)

    Swscan00752

    Swscan00754

    昨年購入したLPレコードの中で、素晴らしい音質で復刻されていたなと感じたものの一つがこれ。Analogue Productionsから限定発売されているもので、まだ現在も入手可能なもの。1959年録音。

    https://lohaco.jp/product/L02918884/

    何が素晴らしいかというと、オーケストラの前後の厚みや楽器の音色や粒立ちが普通のLPレコードやCDやハイレゾとは次元を異にする。プレスも良くてノイズも少ない。

    ジャン・モレルは、フランス生まれのアメリカの指揮者で、フランス物が得意だった。この演奏も少し派手目に色彩感豊かな表現でパリ音楽院管弦楽団をドライブしていてなかなかいい演奏だと感じる。ジュリアード音楽院で指揮科の教鞭をとっていた事もあり、ブロムシュテット、レヴァイン、スラットキンの師匠でもある人。

    この録音を担当したのは当時のDECCAのチームで、エンジニアはケネス・ウィルキンソンだという。当時、RCAと英DECCAは協力関係にあり、お互いの専属アーチストを相互に貸出しあったり、RCAのヨーロッパでの録音をDECCAが請け負うような合意がなされていたので、この録音もDECCAチームが行った。RCAに残されたマスターの保存状態の良さと、一切デジタルを介さずにリマスター、カッティングをしたAnalogue Productionsがいい仕事をし、並びにプレスのクオリティも高いことが高音質なLPレコードを生んでいると思う。また、ジャケットは厚紙で出来た見開きの高級なもので申し分ない。

    1990年代後半から2000年代にかけてクラシックのRCA Living Stereo音源の180g~200gLP盤がClassc Recoadsから沢山復刻された。これらもとても高品質な復刻で、マスタリング、カッティングはバーニー・グランドマンが行い、プレスは米国RTI社で行われたものだった。Analogue Productionsの復刻盤はこれらを凌ぐもので、ジャケットの質も上回っており素晴らしいと思う。ただ、Classc Recoadsから復刻されたものとダブって買うのはもったいないので、当時買いそびれた持っていないものを中心に、欲しいものを数点購入したがハズレは無かった。


    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    2019年1月 1日 (火)

    Love Is Here To Stay/トニー・ベネット、ダイアナ・クラール(96kHz/24bit flac)、180gアナログLP

    Love_is_here_to_stay

    2018年9月に発売された、トニー・ベネット、ダイアナ・クラールのデュエットによるガーシュイン兄弟の作品集。

    曲目
    01. 'S Wonderful 
    02. My One And Only 
    03. But Not For Me 
    04. Nice Work If You Can Get It 
    05. Love Is Here To Stay 
    06. I Got Rhythm 
    07. Somebody Loves Me 
    08. Do It Again 
    09. I’ve Got A Crush On You 
    10. Fascinating Rhythm 
    11. They Can’t Take That Away From Me 
    12. Who Cares?

    CDだとさらに2曲が加わったデラックスバージョンもあるけれど、ハイレゾ、アナログレコードは、12曲が入ったもの。アナログLPは、SIDE A 01.~06. SIDE B 07.~12.各6曲が片面に入っていた。

    Swscan00751

    素晴らしいなと感じた部分と、これはちょっとと感じた部分があって、両手を挙げて全面的に素晴らしいとは思えなかった。トニー・ベネットとダイアナ・クラールはコンサートなどで度々共演しており、2人の息はぴったりだし、個々の音楽性もお互いがよく知っていて、その点ではこれらスタンダード曲を安心して聴けたし、音質も良かったのは間違いない。

    気になる所は、トニー・ベネットとダイアナ・クラール声が同質であるという所。どちらもハスキーボイスで、この二人を良く知らない人がちょっと聴きしたなら、どちらが歌っているのかわからない場合もあると思う。とても悪く言えば、おじいちゃんとおばさんのハスキー声のデュエット。でも、味わいがある。

    実は、先に180gのアナログLPを買って、その後、96kHz/24bit flacのハイレゾが出ているのを知って、ハイレゾも買ってしまったというのが本当の所で、気に入らないアルバムだったら、同じのを2つも買う訳がないのであって、気になる所というのは、敢えて書くなら、こんなふうに感じる人も居るかもよ、というふうに受け取っていただきたい。

    CDは買っていないので音質はわからないが、このアルバムのアナログレコードとハイレゾの音質は、拙宅では拮抗している。ハイレゾの方が分離が良くハイファイ調な音質だが、ヴォーカル声の質や各楽器の実在感や重厚感のある音質はアナログレコードが勝っていて、どっちを選ぶかはお好みで、としか言いようがない。

    アナログLPは、アメリカで日本円換算で2250円位だった。アマゾンだと信じられないことに、送料わずか350円で自宅まで届けてくれる。ゆえに、国内の通販やレコードショップで購入するより安かった。また、届いたアナログLPのプレスの質は輸入盤としてはとても良く、ノイズはほとんど無い良盤であった。紙製の内袋にそのまま入っていたので、クリーニングした後にポリエチレンの内袋に入れた。その方が傷が付きにくい。

    対してハイレゾは、e-オンキヨーで3800円。CDの輸入盤が2000円ちょっとなので、もう少し安ければいいのにな、ハイレゾは割高だな、と感じだ。


    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    « 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »