« シャルパンティエ イタリアの印象/ シャルパンティエ自作自演盤(SPレコード3枚組) | トップページ | Witches' Brew (魔女の秘薬)/ギブソン、ロンドン新交響楽団(180g重量盤LP) »

2019年2月 1日 (金)

グノー バレエ音楽 ファウスト ビゼー カルメン組曲/ギブソン、コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団(Analogue Productions 200g重量盤LP)

Swscan00769

Swscan00771

Analogue Productionsから発売されている、これもすこぶる良い音質の復刻LPレコード。1959年のDECCAチームの録音で、エンジニアはケネス・ウィルキンソン。

曲目

グノー  バレエ組曲《ファウスト》より 
 ワルツ(アレグレット) 
 アンサンブル(アダージョ) 
 ヌビア人のダンス 
 クレオパトラのダンス 
 トロイの木馬のダンス 
 ヘレンのダンス 
 バッカス祭 
 マリオネット葬儀のマーチ 
           
ビゼー  オペラ《カルメン》より 
 前奏曲 
 ハバネラ 
 間奏曲
 アルカラの竜騎兵

アレクサンダー・ギブソン指揮
コヴェントガーデン・ロイヤル・オペラ管弦楽団

アレクサンダー・ギブソンはオペラを得意にしていただけあって、ファウスト、カルメンも上手くまとめている。イギリスの指揮者らしく羽目を外す事がなく、激しい音楽でも美しさとしなやかさを失わない上品さを感じさせるものだ。

このLPレコードもクラシック音楽が好きなオーディオマニアには音が良いことで知る人ぞ知るレコードである。ギブソンには、ロンドン新交響楽団と1957年に録音した、Witche's Brew(魔女の秘薬)というLPレコードもあり、こちらは、20年以上前に発売されたClassic Recoadsによる復刻盤で持っている。


にほんブログ村

|

« シャルパンティエ イタリアの印象/ シャルパンティエ自作自演盤(SPレコード3枚組) | トップページ | Witches' Brew (魔女の秘薬)/ギブソン、ロンドン新交響楽団(180g重量盤LP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シャルパンティエ イタリアの印象/ シャルパンティエ自作自演盤(SPレコード3枚組) | トップページ | Witches' Brew (魔女の秘薬)/ギブソン、ロンドン新交響楽団(180g重量盤LP) »