« R・シュトラウス 「カプリッチョ」全曲/サヴァリッシュ、フィルハーモニア管(英Columbia初期盤LP3枚組) | トップページ | CINEMA /村治佳織(限定180g重量盤LP) »

2019年2月26日 (火)

カーペンターズ・ウィズ・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

Swscan00809

Swscan00810

2018年12月に発売された、カーペンターズ・ウィズ・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団をCDで買ってみた。このアルバムはCDだけでなく、ハイレゾやLPレコードでも発売されている。カーペンターズの様な音楽は気楽にBGM的に聴きたいと思い、それなら、手軽に聴けるCDかハイレゾの方が良いと考えた。馴染みのオーディオショップでハイレゾを聴かせてもらって、高価なハイレゾの良さがあまり感じられなかったのでCDで良いや、となった。LPレコードは聴くのに操作が面倒なのでまだ聴いていない。

曲目

オーヴァーチュア OVERTURE
イエスタデイ・ワンス・モア YESTERDAY ONCE MORE
ハーティング・イーチ・アザー HURTING EACH OTHER
青春の輝き I NEED TO BE IN LOVE
ふたりの誓い FOR ALL WE KNOW
タッチ・ミー TOUCH ME WHEN WE’RE DANCING
アイ・ビリーヴ・ユー I BELIEVE YOU
想い出にさよなら I JUST FALL IN LOVE AGAIN
メリー・クリスマス・ダーリン MERRY CHRISTMAS, DARLING
ベイビー・イッツ・ユー BABY IT’S YOU
遙かなる影 (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU
スーパースター SUPERSTAR
雨の日と月曜日は RAINY DAYS AND MONDAYS
マスカレード THIS MASQUERADE
涙の乗車券 TICKET TO RIDE
愛にさよならを GOODBYE TO LOVE
トップ・オブ・ザ・ワールド TOP OF THE WORLD
愛のプレリュード WE’VE ONLY JUST BEGUN

尚、国内盤は、プリーズ・ミスター・ポストマン PLEASE MR. POSTMANがボーナス・トラックで入っているが、私が買ったのは輸入盤なので含まれていない。

昔良く聴いた馴染みのある曲ばかりで、しかもアレンジの変更は最小限に留められ原曲のイメージどおりで違和感は無い。多くの曲でイントロの部分にオーケストラが加わっていて最初聴くと、えっ、となるが大きく違うのはほとんどがイントロの部分のみ。ただし個々の楽器も新しく録音し直されて差し替えられている部分もある。しかし、昔発売されていた時のイメージをあえて残そうとする意図が感じられる。

カレンの声は昔のまま。ただし、きちんとしたリマスターが功を奏して良い音質にリニューアルされている。しかしながら、ハイレゾで聴きたいと思うほど高音質ではない。ハイレゾをオーディオショップで聴いた時には、新しく録音したオーケストラの部分は非常に鮮明なのに、ベースやドラムスなどは昔の音質のままで、ベースの分解能はハイレゾで聴くには物足りない音質だと感じた。やはり、ハイレゾは、加工の少ない一発録りのクラシックやジャズなどが一番音質的優位を実感出来るように思う。

ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団を指揮したのはリチャード・カーペンターで、アレンジそのものもミキシングもリチャード・カーペンターの意図が大きいのは言うまでもないと思う。ただ、昔の懐かしい歌を聴くだけでなく、新しい部分をほんの少し追加して、口当たりが変わったCDである。カーペンターズファンのみならず興味のある方には聴いてほしい。


にほんブログ村

|

« R・シュトラウス 「カプリッチョ」全曲/サヴァリッシュ、フィルハーモニア管(英Columbia初期盤LP3枚組) | トップページ | CINEMA /村治佳織(限定180g重量盤LP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« R・シュトラウス 「カプリッチョ」全曲/サヴァリッシュ、フィルハーモニア管(英Columbia初期盤LP3枚組) | トップページ | CINEMA /村治佳織(限定180g重量盤LP) »