« CINEMA /村治佳織(限定180g重量盤LP) | トップページ | ブラームス 交響曲全集/バルビローリ、ウィーンフィル(180g復刻重量盤LP4枚組) »

2019年3月 5日 (火)

マーラー 交響曲 第9番/バルビローリ、ベルリン・フィル(180g復刻重量盤LP)

Swscan00814

Swscan00816

2019年3月1日に発売になった、バルビローリ、ベルリン・フィルのマーラー 交響曲 第9番の復刻盤LPレコード。1964年のスタジオ録音の名盤が限定数量生産のアナログレコードで発売されるとの情報を聞き、昨年末に注文し、首を長くして待っていた。

この復刻盤は2011年にアビイ・ロード・スタジオで96K/24bitでリマスターされたハイレゾのデジタルマスターからLPレコード化された180g重量盤の2枚組。ジャケットはオリジナル盤と同じ写真のジャケットが使われている。ただし、1枚のジャケットの中に2枚のLPレコードが入っているような仕様で、オリジナル盤の様に1枚目と2枚目のジャケットが別々になってはいない。

この2枚組のセットはタワーレコードの通販で¥3295とリーズナブルな値段であった。気になる音質とプレスの状態はまずまず良い。高域がスッキリと伸びてやや細身だが全体的に解像度の高い鮮明な音質で、第一楽章、第四楽章の弱音部分でも楽音がノイズに埋もれてしまうような事がなく、全体的に気になるノイズは無く輸入盤のLPレコードとしてはS/Nはかなり良い方だと感じた。

2枚のLPレコードに第一楽章から第四楽章まで各1面ずつ4面にカットされている。レーベルは黄色で、オリジナル盤のイメージとは大きく異なる。

実は、オリジナル盤は、1枚目のA面に第一楽章、1枚目B面に第二楽章と第三楽章が入り、2枚目のA面に第四楽章が入って全部で3面にカットされていて、2枚目のB面には楽音がカットされていない。カットの点から見ると、4面に余裕を持ってカットがなされているぶん、復刻盤の方が音質的には有利なはずである。

オリジナル盤のジャケット MAHLER・BARBIROLLIの文字の色が1枚目と2枚目で異なっている。左上にHis Master's Voiceの犬のマークがある。Dsc_0242

オリジナル盤の1枚目のA面。半円のHis Master's Voiceの犬のデザインSwscan00817

オリジナル盤の2枚目のB面 DO NOT PLAY THIS SIDE の表示がある。Dsc_0244

オリジナル盤の内袋Dsc_0245

私の所有しているオリジナル盤はかなり状態が良くノイズがほとんど無いので、今回買った復刻盤と聴き比べてみた。オリジナル盤はややFレンジが狭い代わりに濃厚な音色で、音楽のファンダメンタルな帯域がぶ厚く聴こえる。好みとしてはオリジナル盤の音が好きだけれど、状態の良いオリジナル盤は残存する数が少なく非常に高価なので気軽に買う事は出来ない。

今回入手した復刻盤はこのくらいのリーズナブルな値段で、昔の名演奏が今風の音で聴ける積極的に良いレコードである。このようなLPレコードなら大歓迎だし、充分に復刻される意義があり一定の需要もあるだろう。まだまだクラシックの新品のアナログLPレコードが無くなってしまうという事は無いと思う。


にほんブログ村

|

« CINEMA /村治佳織(限定180g重量盤LP) | トップページ | ブラームス 交響曲全集/バルビローリ、ウィーンフィル(180g復刻重量盤LP4枚組) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CINEMA /村治佳織(限定180g重量盤LP) | トップページ | ブラームス 交響曲全集/バルビローリ、ウィーンフィル(180g復刻重量盤LP4枚組) »