« ポール・モーリア グレイテスト・ヒッツ24(2枚組LPレコード) | トップページ | Passione /アンドレア・ボチェッリ(180g重量盤LP2枚組) »

2019年4月30日 (火)

ベルリーニ 夢遊病の女 全曲 デ・マルキ&スキンティッラ管、バルトリ、フローレス、他

Scan10002

本日は平成31年4月30日、つまり平成最後の日である。平成が終わり令和の時代に変わるのを機に、平成時代に発売された音楽ソフトで、マイ・ベスト盤は何かを考えてみた。しかし、なかなか適当な候補が挙がらなかった。好きな音源は、ほとんどが昭和の時代に録音され発売されたものだからだ。1980年代末から今までのものに限定しても、購入したソフトは数多いのだけれど、様々な同曲異盤を聴いてみると、昔のアナログ録音時代のものが良いやとなるものが多い。加えて、この頃に、カラヤン、バーンスタインなどの巨匠と言われた指揮者が没している。

私は、常々、100年以上の音楽録音パッケージを考えたとき、クラシック音楽が一番輝いていたのは、1955年を中心として±25年の50年間、すなわち1930年から1980年くらいまでで、1930年以前と1980年以後は、「たいやき」で言えば頭と尻尾、一番おいしいあんこがいっぱい詰まったところが1955年を中心として±25年の50年間だと思っている。丸々、昭和時代じゃないか。

そんな中で、こんな音源を平成30年間のマイ・ベストに挙げるなんてと、自分でもおかしいんじゃないか、と思うが、漸くこれだと思ったCDがこれ。

ベルリーニの「夢遊病の女」というオペラは、イタリア・ベルカント・オペラの中でも重要な作品なのにもかかわらず、古今を見渡してもそれほど多くの録音がない。古い録音ではあるが、マリア・カラス/ヴォットー盤が未だに捨てられないのではあるが、いかんせん録音が古すぎるし、演奏スタイルも古い。2007年(平成19年)録音のこの盤は、チェチーリア・バルトリとファン・ディエゴ・フローレス、実力者2人の共演で、普通ならソプラノが歌うはずのアミーナをメゾ・ソプラノが歌い、非常に良い演奏であり歌唱で、とても楽しめる盤である。この二人が歌う二重唱は本当に美しく素晴らしい。オーケストラが古楽器の団体であるということで、ベルリーニの活躍していた19世紀前半は、たぶんこうだったのではないかという、楽しい想像も出来る。アミーナという役は、当時はバルトリのようなメゾ・ソプラノのような声の歌手が歌っていたのではないだろうかと想像できる。ベカントオペラまでの時代は、歌劇場も小さくて、ことさら大きな声を張り上げなくても良く、歌手の声の美しさを際立足せることが出来る。19世紀後半以降のグランド・オペラのように規模が大きくなった状況では、逆に良さが消されてしまった部分もあったのではないかと思うし、そのあたりをこの盤は上手く残して復刻してくれた、そんな感じがするものだ。

このソフトはCDだけれども、音質も良くオーディオ的にも満足できる。愛聴盤の一つである。


にほんブログ村

 

|

« ポール・モーリア グレイテスト・ヒッツ24(2枚組LPレコード) | トップページ | Passione /アンドレア・ボチェッリ(180g重量盤LP2枚組) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポール・モーリア グレイテスト・ヒッツ24(2枚組LPレコード) | トップページ | Passione /アンドレア・ボチェッリ(180g重量盤LP2枚組) »