« メンデルスゾーン 真夏の夜の夢/マーク、ロンドン交響楽団 | トップページ | ムソルグスキー 展覧会の絵 ストラヴィンスキー ペトルーシュカから3つの踊り/ギユー(オルガン)(180g重量盤LPレコード) »

2019年5月21日 (火)

映画「ベン・ハー」より ベン・ハー序曲/サヴィーナ、ローマ交響楽団

Swscan00868

Swscan00869

5月19日(日)に、秋葉原近くの損保会館で開催されていたアナログオーディオフェア2019に行ってきた。そのイベントで貰った中古レコードがこれ。予め、各座席に1枚ずつドーナツ盤(中古盤で座席ごとに異なる盤)が置かれていた。私の座席に置かれていて貰ってきた盤がこれである。そのイベントというのは、「拘りの真空管アンプ&バリレラカートリッジでドーナツ盤、モノーラルLP、SPレコードを聴く 誠文堂新光社主催 講師:柳沢正史 ゲスト:ジャズ歌手 瀬戸カオリ」で、柳沢正史氏設計製作のRCA845シングルアンプを用い、1950年代のジャズ・ヴォーカルを中心にアナログ盤を聴いた後に、この再生装置を使って瀬戸カオリさんの生カラオケが聴けるという趣向だった。柳沢正史氏によるイベントは、機会があるたびに何回も拝聴したが、氏ならではの世界があって面白かった。

映画「ベン・ハー」(1959年版)は、あまりにも有名で、アカデミー賞11部門受賞し、この映画音楽を担当したミクロス・ローザは劇映画音楽賞 を受賞している。そのサウンドトラックのドーナツ盤がこれ。ユーチューブにも有ったので埋め込んでおく。

このイベントの講師である柳沢正史氏は、700本以上のCMの演出を手がけ、映画音楽にも造詣が深い。そして、こんな本を出されている。
Swscan00871

イベント終了後、直売会場で何枚かのLPレコードとこの本を買って帰ってきた。映画好きな人に是非ともお薦めしたい本である。映画に使われた名曲の紹介と、その映画のあらすじやどのようなシーンで名曲が使われたかなどがエッセイ風に書かれている。

アナログオーディオフェアは、レコードプレーヤーなどのハード機器を実際に見て音が聴けるというだけではなく、知らなかったアナログレコード盤に出会えるという意味でも貴重なイベントである。他のオーディオフェアと比べれば規模は小さいが、若い方や女性の見学者もちらほら見られ、年寄りばかりの真空管オーディオフェアとは異なると感じた。


にほんブログ村

 

|

« メンデルスゾーン 真夏の夜の夢/マーク、ロンドン交響楽団 | トップページ | ムソルグスキー 展覧会の絵 ストラヴィンスキー ペトルーシュカから3つの踊り/ギユー(オルガン)(180g重量盤LPレコード) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メンデルスゾーン 真夏の夜の夢/マーク、ロンドン交響楽団 | トップページ | ムソルグスキー 展覧会の絵 ストラヴィンスキー ペトルーシュカから3つの踊り/ギユー(オルガン)(180g重量盤LPレコード) »