« 悲嘆~ヴァイオリンのためのロマンティックアンコール集/コルホーネン、ケーニッヒ(180g重量盤LP2枚組) | トップページ | ザ・フレンチ・タッチ / ミュンシュ、ボストン交響楽団(200g重量盤LP Analoge Productions) »

2019年7月12日 (金)

ヴァイオリン小曲集 ~ アンコール ミルシテイン( 180g 重量盤LP)

Swscan00906

Swscan00908

ANALOGPHONICから発売された復刻LPレコードで、録音は1959年。このオリジナル盤の特にステレオ盤はとても高価なプレミアムが付いているので、持っていなかったので買ってみた。

曲目
SIDE 1
クライスラー :前奏曲とアレグロ                  
シューマン :夕べのうた
シマノフスキ :ノクターンとタランテ

SIDE 2  
ヘンデル :ラルゲット
クライスラー :中国の太鼓
:シチリアーノとリゴードン    
メンデルスゾーン :無言歌
ブラームス :愛のワルツ

ナタン・ミルシテイン(vn)
レオン・ポマーズ(pf)

ミルシテインは、ロシア出身のヴァイオリニストだが、その芸風はフランス的な優美で高貴な感じで、ことさらテクニックをひけらかしたり、しつこくねちっこく演奏するという事がない。この小品集でもそれは一貫していて、音楽的にガッカリすることは無かった。しかし、マスターが古いためか、音質的には若干ピアノがボケ気味だったり、テープのドロップアウトの補修痕がわかるような、オーディオ的にはいまいちな出来だと思う。高音質なレコードを探す人にはお薦めしないが、ミルシテインの芸術をアナログで楽しみたい人にはお薦めする。


にほんブログ村

 

|

« 悲嘆~ヴァイオリンのためのロマンティックアンコール集/コルホーネン、ケーニッヒ(180g重量盤LP2枚組) | トップページ | ザ・フレンチ・タッチ / ミュンシュ、ボストン交響楽団(200g重量盤LP Analoge Productions) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 悲嘆~ヴァイオリンのためのロマンティックアンコール集/コルホーネン、ケーニッヒ(180g重量盤LP2枚組) | トップページ | ザ・フレンチ・タッチ / ミュンシュ、ボストン交響楽団(200g重量盤LP Analoge Productions) »