« ワルター コンダクツ モーツァルト /ワルター、コロムビア交響楽団 (6CD) | トップページ | R・シュトラウス カプリッチョ全曲/ベーム、バイエルン放送交響楽団 »

2019年8月23日 (金)

モーツァルト ピアノ協奏曲 第19番、第27番/ハスキル、フリッチャイ (Speakers Corner復刻重量盤と英国初期盤)

Dsc_0240_20190822100901

ジャケ写真 上がSpeakers Corner180g復刻重量盤、下が英国初期盤LP

Img_20190822_0001Speakers Corner180g復刻重量盤

Img_20190822_0002    英国初期盤 英国初期盤はフラット盤でSpeakers Corner180g復刻重量盤より重く、おそらく200g以上ある。

演奏:
クララ・ハスキル(ピアノ) フェレンツ・フリッチャイ(指揮) 
ベルリン・フィル:第19番 バイエルン国立管弦楽団:第27番

録音:1955年(第19番) 1957年(第27番)

古いモノラル録音の演奏であるが、特に第27番は超名演だと思うし、この演奏については昔から様々な方々が述べているのだが、私にとってもこのブログの表紙になっているマルケヴィッチ指揮による第20番、第24番などとともに、クララ・ハスキルのモーツァルトを堪能するのに欠かせないものだ。

このブログではオーディオ的な事について書いてみる。何故かというと、米国の権威あるオーディオ誌「THE ABSOLUTE SOUND」が選定し作成している高音質盤リスト「TAS Super LP List」の中に、このSpeaker Corners復刻重量盤が載っているのだ。実際、モノラル録音なので音が広がらないだけで、ピアノやオーケストラの音色が良く音質的にも良いと感じる。また、Speakers Corner復刻重量盤は、今のHiFiなレコードプレーヤー、カートリッジを使って聴いた場合に違和感なく良い音質になるように作られているのがわかる。モノラルであるが今の普通のHiFiステレオカートリッジで聴いた方がむしろ好ましいと思う。

そんなわけで、Speakers Corner復刻重量盤は充分に満足できる音質で聴けるのだが、ネット・オークションで同一音源の英国初期盤がわずか千円で出ていたので拾ってみた。この英国初期盤は1960年代初頭までに英国でプレスされたもので、Speakers Corner復刻重量盤よりもFレンジが狭く、60年の歳月を感じさせる鑑賞に差し支えない程度のサーフェスノイズがある。この英国初期盤は今のHiFiな装置ではなく、この時代に合ったモノラル用のカートリッジを使って聴いた方が良い。実際、その方がサーフェスノイズも少なくなるし、音がより濃厚で音色も良く鮮明な音質になって楽しめる。英国初期盤がわずか千円で入手できたのは幸運で、Speakers Corner復刻重量盤は約4倍の値段だった。音質を比べて、おのおの適応する装置を選んで聴けば甲乙つけがたい。この2枚の盤は、大好きなクララ・ハスキルの名演奏であることもあり両方とも大切にしようと思う。

私は、古いLPレコードと新しいLPレコードをかけるレコードプレーヤーをそれぞれ使いわけており、この2枚のLPレコードは、それぞれ異なるレコードプレーヤーで異なるフォノカートリッジを使っている。そうしないと私的にはそれぞれが充分に楽しめないからだ。もし、私が今の新しめのLPレコードが上手く鳴るスーパーアナログ再生を目指すレコードプレーヤーしか持っていなかったなら初期盤は上手く鳴らせないだろうし、逆に昔のLPレコードが上手く鳴るレトロ志向のレコードプレーヤーで今の復刻盤を評価すれば、酷い評価を与えることになるだろう。

以前の「TAS Super LP List」ではそのほとんどがステレオ盤のみでモノラル録音のものは無かったが、なぜか最近は古いmono音源が増えている。おそらく、以前のリストの選者が亡くなって選者が変わったからだと思う。良い音質というのは個人個人で嗜好や基準が変わるし、何を重視するかでも異なる。もちろん、再生装置が変われば評価も変わるのは当然の事だ。


にほんブログ村

 

|

« ワルター コンダクツ モーツァルト /ワルター、コロムビア交響楽団 (6CD) | トップページ | R・シュトラウス カプリッチョ全曲/ベーム、バイエルン放送交響楽団 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワルター コンダクツ モーツァルト /ワルター、コロムビア交響楽団 (6CD) | トップページ | R・シュトラウス カプリッチョ全曲/ベーム、バイエルン放送交響楽団 »