« ベートーヴェン チェロ・ソナタ全集 変奏曲集 /フルニエ、グルダ(180g重量盤LP3枚組) | トップページ | イタリアオペラ、フランスオペラのコロラチューラアリア集/ゲスティ、マズア、ドレスデン・フィルハーモニー »

2019年10月18日 (金)

オペラの夜 シルヴィア・ゲスティ

Dsc_0240_20191017114701

Img_20191017_0001

1970年1月に発売された、東ドイツETERNAレーベルのLPレコード。

収録内容

Side 1
モーツァルト 後宮からの誘拐から コンスタンツェのアリア
「ああ私は恋し、本当に幸せでした」

モーツァルト 魔笛から 夜の女王のアリア
「復讐の炎は地獄のように我が心に燃え」

オッフェンバック ホフマン物語から オランピアのアリア
「生け垣に小鳥たちが」

R・シュトラウス ナクソス島のアリアドネから ツェルビネッタのアリア
「偉大なる王女様」

Side 2
ロッシーニ セビリアの理髪師から ロジーナのアリア
「今の歌声は」

ベルリーニ 清教徒から エルヴィーラのアリア
「あなたの優しい声が」

ヴェルディ リゴレットから ジルダのアリア
「慕わしい御名」

ヴェルディ 仮面舞踏会から オスカルのアリア
「何をお召しなのか」

シルヴィア・ゲスティ(ソプラノ) ベルリン放送交響楽団 クルト・マズア(指揮)

シルヴィア・ゲスティというソプラノ歌手について、クラシック音楽をよく聴く方にとっても知らない人は多いのではないだろうか?1934年ハンガリーのブタペスト生まれで2018年に亡くなったコロラチューラ・ソプラノだ。デビューから1970年くらいまでは東ドイツなどの東欧圏で活躍していたので、東独ETERNAなどに多くの録音が残されているが、一番有名なのは、ルドルフ・ケンペ指揮、ドレスデン国立歌劇場でのR・シュトラウス「ナクソス島のアリアドネ」のツェルビネッタだと思う。

このLPレコードにもツェルビネッタの超絶技巧が必要なコロラチューラのアリアが収められている。このレコードでは、イタリアオペラよりもモーツァルトとかR・シュトラウスなどドイツオペラの方が良いと思う。この人のイタリア語は聴き取りにくい。しかし、コロラチューラの高音の声の転がし方が今の歌手と違っていてスタイルの古さは感じるけれど、それでもその当時随一のコロラチューラ・ソプラノだった声の魅力は充分に伝わるLPレコードである。

東ドイツETERNAのLPレコードは、東欧のレーベルの中でも最も音質が良いと思う。どっしりと中低域が分厚く響きも素直で、このLPレコードも優秀な音質である。


にほんブログ村

|

« ベートーヴェン チェロ・ソナタ全集 変奏曲集 /フルニエ、グルダ(180g重量盤LP3枚組) | トップページ | イタリアオペラ、フランスオペラのコロラチューラアリア集/ゲスティ、マズア、ドレスデン・フィルハーモニー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベートーヴェン チェロ・ソナタ全集 変奏曲集 /フルニエ、グルダ(180g重量盤LP3枚組) | トップページ | イタリアオペラ、フランスオペラのコロラチューラアリア集/ゲスティ、マズア、ドレスデン・フィルハーモニー »