« ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲/フランチェスカッティ、ワルター、コロムビア交響楽団(7SACD+2CD ベートーヴェン:交響曲全集から) | トップページ | メンデルスゾーン、ブルッフ ヴァイオリン協奏曲/ミルシテイン、スタインバーグ、ピッツバーグ交響楽団 »

2019年12月 6日 (金)

ベートーヴェン 交響曲第3番 ワルター、コロムビア交響楽団(7SACD+2CD ベートーヴェン:交響曲全集から)

 Img_20191205_0002

2019年11月に発売されたステレオ録音のワルター/コロムビア交響楽団のベートーヴェン全集のSACDは、あちこちで物議を起こしているようである。一つは、田園交響曲の事前に発売されたサンプル盤と音質が違っていてサンプル盤の方が音が良いらしいこと。私はサンプル盤は買わなかったので、実際の所は良くわからない。

そしてもう一つは、解説書に落丁があり、正しい追加訂正部分がネット上で発表された。

不良内容:別冊解説書内 P.83 DISC9[3]の交響曲第4番第2楽章リハーサルのスクリプトと日本語訳の後半部分(music: m. 73)[演奏=第73小節]の後の英文25行とその対訳

https://www.sonymusic.co.jp/Music/International/files/SICC10286~94_TeiseiPera5.pdf

これをダウンロードして印刷するか、印刷ができない場合にはSony Musicに連絡すると欠落部分の印刷物を送ってくれる。これがごく普通の対応だと思うが、Tower Records Definition Series SACDで、クレンペラー指揮のモーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」の解説書に欠落があった時には、驚くべきことに解説書全部をそっくり印刷し直して送ってきた。改めてこの時のTower Recordsの対応が素晴らしかったと思った。

さて、この第3番「エロイカ」交響曲であるが、1990年代」後半にClassic Recordsという高音質復刻盤レーベルから出た180g重量盤LPと比べてみると、このSACD層の音質はやはり劣る。録音の古さが露わになってしまうのだ。Classic RecordsのLPレコードのマスタリングとカッティングを担当したのは、バーニー・グランドマンという腕利きのマスタリングラボで、レコード盤をプレスしたのは、現在でもトップクラスの高音質LPレコードをプレス出来るR.T.I.社である。SACDを買って聴き比べて、改めてこのLPレコードは宝物であるという思いを新たにした。

Dsc_0246

Img_20191206_0001

だが、田園交響曲におけるAnaloge Productionsの高音質LPとこのセットのSACD層の音質差よりは少ない。田園交響曲はSACDだと1958年1月録音の古いマスターなのでより粗がわかってしまう感じだが、第3番「エロイカ」交響曲は1年以上後の録音であり、マスターはすっと良い状態で録音も良いのだと思う。ワルターのベートーヴェンの交響曲は第6番を代表とする偶数番号の交響曲の評価が高いが、私はClassic RecordsのLPレコードを聴いてからは、この第3番「エロイカ」交響曲も大変な名演奏であると思っている。ただ単に、優しさ慈しみのある均整のとれた都会的な演奏というのではない情熱や起伏の激しい情動をも、手にとるように感じることができるからだ。従来のLPレコードやCDを聴いてもそれを感じられ無かった。今回のSACDはその部分がある程度わかるので、このSACDを聴いてこの演奏の評価が変わったような人も居るのではないだろうか?それほどに、音質とかリマスターというのは演奏の評価まで変えてしまう。恐ろしいものだ。

また、今回のSACDの音質的優位性としては非常にワイドレンジで低域の伸びとその厚みのある音質はLPレコードでは出せないと思う。高域もよく伸びていて、田園交響曲やモーツァルトの交響曲の一部のような弦の音が固くて不自然に聴こえるような感じが少ない。


にほんブログ村

|

« ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲/フランチェスカッティ、ワルター、コロムビア交響楽団(7SACD+2CD ベートーヴェン:交響曲全集から) | トップページ | メンデルスゾーン、ブルッフ ヴァイオリン協奏曲/ミルシテイン、スタインバーグ、ピッツバーグ交響楽団 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲/フランチェスカッティ、ワルター、コロムビア交響楽団(7SACD+2CD ベートーヴェン:交響曲全集から) | トップページ | メンデルスゾーン、ブルッフ ヴァイオリン協奏曲/ミルシテイン、スタインバーグ、ピッツバーグ交響楽団 »