« メンデルスゾーン、ブルッフ ヴァイオリン協奏曲/ミルシテイン、スタインバーグ、ピッツバーグ交響楽団 | トップページ | ワーグナー ワルキューレ第1幕/クナッパーツブッシュ、ウィーンフィル(flac 192kHz/24bit) »

2019年12月13日 (金)

ハイドン 交響曲第82番「熊」、第83番「雌鶏」/マリナー、アカデミー室内管

Dsc_0240_20191212165201

Img_20191212_0001

ハイドンのパリ交響曲集のうちの2曲。マリナー、アカデミー室内管弦楽団は、精緻で切れ込み良い音楽を聴かせてくれる。そして、しなやかで美しくさわやかで魅力的。私にこれら2つの交響曲の魅力を教えてくれたのはこの演奏である。なお、「熊」、「雌鶏」という名はハイドンが名付けたわけではない。「熊」は第4楽章に熊の唸り声のような低音楽器が聴け、「雌鶏」は第2楽章に鶏の鳴き声みたいなフレーズがあるからだと言われている。

この演奏も、LPレコードで聴くとより魅力が増し、CDだとそこまでの感銘がない。

また、マリナー、アカデミー室内管弦楽団によるハイドンの交響曲のLPではBab Siljeeという人のイラストがジャケットに使われていて、このイラストがまた楽しい。


にほんブログ村

|

« メンデルスゾーン、ブルッフ ヴァイオリン協奏曲/ミルシテイン、スタインバーグ、ピッツバーグ交響楽団 | トップページ | ワーグナー ワルキューレ第1幕/クナッパーツブッシュ、ウィーンフィル(flac 192kHz/24bit) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メンデルスゾーン、ブルッフ ヴァイオリン協奏曲/ミルシテイン、スタインバーグ、ピッツバーグ交響楽団 | トップページ | ワーグナー ワルキューレ第1幕/クナッパーツブッシュ、ウィーンフィル(flac 192kHz/24bit) »