« ブラームス 交響曲第2番/ワルター、コロンビア交響楽団 | トップページ | モーツァルト ホルン協奏曲集/タックウェル、マリナー、アカデミー室内管弦楽団 »

2020年1月31日 (金)

バッハ 無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ全曲、ミルシテイン(180g重量盤LP3枚組)

Dsc_0240_20200131085001

Img_20200131_0001

analogphonicが復刻発売している重量盤LPレコードである。analogphonicは、最初は1980年代のデジタル録音初期の音源を復刻LPレコードにしていた。バーンスタインのマーラー交響曲全集などである。それらがかなり評判が良く、ステレオ初期の音源やこのバッハ 無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ全曲のように1950年代のモノラル音源のものも復刻するようになった。CDではボックスセットになってかなり安く買える音源だが、当時のコンディションの良い中古盤は目の玉が飛び出るほど高価な値段が付いている。

CDの音質で充分に満足できるのならずっと安いので、LPレコードに手を出す必要はないが、私の手元にあるIconシリーズの8枚組CDセット、ナタン・ミルシテインEMI録音集の同一音源と、この復刻LPレコードではかなり音質が異なり、受ける演奏の感銘度合いまで違ってしまう。一番異なるのはCDでは、マスターに記録されているノイズを極力少なくしてリマスターされている事だろう。ノイズは僅かになったが、肝心なヴァイオリンの倍音成分やエネルギー感なども削ぎ取られて、本来の魅力ある演奏とは遠いものになってしまっている。

そういうことも有ってか、ナタン・ミルシテインの2種類の無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ全曲の評価は1970年代のステレオ録音のドイチェグラモフォン盤の方に軍配を挙げる人が多いと思う。ところが、LPレコードで聴くと両者は別々の魅力を持って拮抗するくらいの名演奏で、甲乙つけ難いのである。ドイチェグラモフォン盤は即興性やしなやかな美しさを持った演奏だが、こちらのCapitol/EMI盤は、より実直でバリバリ弾く壮年期のミルシテインの魅力に富んだものである。

ただし、マスターに起因する特に低域ノイズ、マイクアンプあるいはテープレコーダーのアンプに起因するハムノイズが乗っていて、CDでは極力それをカットするようにしているのに対し、この復刻LPレコードでは、マスターに入っている音はたとえノイズであろうとも漏らさず入れようとしているので、マスタリングに対する考え方が全く違うのだと思う。特に、パルティータ第3番のハムノイズはかなり大きくて、曲間になるととたんに消えるのだが、ヴァイオリンの瑞々しい音色やエネルギーみたいなものがちゃんと記録されている。

Dsc_0241_20200131085001

Img_20200131_0002

参考までに、こちらはフランスEMIの古いLPレコードである。溝のカットの仕方が違っており、復刻盤は内周部まで溝のカットはないが、この古いLPレコードは内周近くまで溝が切られている。音質的には、古い初期盤は中域が厚くてFレンジの狭いモノラル用のカートリッジの方が聴きやすくなるのに対し、復刻盤では新しいFレンジの広いステレオカートリッジでもバランスの良い再生ができる。高域の伸びは復刻盤の方が良く、鮮度感も初期盤と比べても劣らない。


にほんブログ村

|

« ブラームス 交響曲第2番/ワルター、コロンビア交響楽団 | トップページ | モーツァルト ホルン協奏曲集/タックウェル、マリナー、アカデミー室内管弦楽団 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブラームス 交響曲第2番/ワルター、コロンビア交響楽団 | トップページ | モーツァルト ホルン協奏曲集/タックウェル、マリナー、アカデミー室内管弦楽団 »