« モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番、プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲 第2番/オイストラフ、ガリエラ、フィルハーモニア管 | トップページ | ブラームス 交響曲全集他/ワルター、コロンビア管弦楽団(SACD/CDハイブリッド盤) »

2020年1月14日 (火)

シェリング・プレイズ・クライスラー/シェリング、ライナー

Img_20200114_0001

クライスラー名曲集、トレジャーズ・オブ・ヴァイオリン

クライスラー
ウィーン奇想曲
美しきロスマリン
愛の悲しみ
愛の喜び
レチタティーヴォとスケルツォ(ヴァイオリン独奏)
テンポ・ディ・メヌエット
プレリュードとアレグロ
ルイ13世のシャンソンとパヴァーヌ
中国の太鼓
メヌエット
懐かしき歌(オールド・リフレイン)
ロンディーノ(ベートーヴェンの主題による)
アレグレット(ボッケリーニのスタイルによる)

ルクレール
ヴァイオリン・ソナタ第3番

グルック
メロディ(クライスラー編曲)

ロカテッリ
ラビリンス

演奏 
ヘンリック・シェリング(ヴァイオリン)
チャールズ・ライナー(ピアノ)

録音
1963年

このCDは1995年に発売されたもので、入手してから四半世紀が経つ。シェリングのヴァイオリンは、本家クライスラーのような甘い音ではなく、明晰で現代的である。その芸風はオーソドックスで、現代でも見本たる演奏で古さを感じさせない。しかし、音質に関しては、ヴァイオリンの音が硬い感じで、今のリマスターと比較してしまうとかなり劣る感じがする。オリジナルのLPレコードは Mercury SR90348 SR90367であるが、状態のいいものは高価だし入手困難である。Analogue Productionsが、高音質で復刻してくれたなら欲しい盤である。


にほんブログ村

 

 

|

« モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番、プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲 第2番/オイストラフ、ガリエラ、フィルハーモニア管 | トップページ | ブラームス 交響曲全集他/ワルター、コロンビア管弦楽団(SACD/CDハイブリッド盤) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番、プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲 第2番/オイストラフ、ガリエラ、フィルハーモニア管 | トップページ | ブラームス 交響曲全集他/ワルター、コロンビア管弦楽団(SACD/CDハイブリッド盤) »