« シェリング・プレイズ・クライスラー/シェリング、ライナー | トップページ | ブラームス 交響曲 第4番/ワルター、コロンビア交響楽団(Classic Records 180g重量盤LP) »

2020年1月17日 (金)

ブラームス 交響曲全集他/ワルター、コロンビア管弦楽団(SACD/CDハイブリッド盤)

Dsc_0242_20200117081901

DISC 1 (SACD/CD)
交響曲第1番 録音:1959年
アルト・ラプソディ 運命の歌 録音:1961年
ミルドレッド・ミラー(メッゾ・ソプラノ)
オクシデンタル大学コンサート合唱団 合唱指揮:ハワード・ショウ

DISC 2 (SACD/CD)
交響曲第2番 録音:1960年
大学祝典序曲 録音:1960年

DISC 3 (SACD/CD)
交響曲第3番 録音:1960年
ハイドンの主題による変奏曲 録音:1960年

DISC 4 (SACD/CD)
交響曲第4番 録音:1959年
悲劇的序曲 録音:1960年

DISC 5 (SACD/CD)
ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 録音:1959年
ジノ・フランチェスカッティ(ヴァイオリン)
ピエール・フルニエ(チェロ)
シューマン ピアノ協奏曲 録音:1960年
ユージン・イストミン(ピアノ)

DISC 6(通常CD)
ブルーノ・ワルター・イン・リハーサル
ブラームス
交響曲第2番 ~第1楽章 録音:1953年
交響曲第3番 ~第3楽章 録音:1953年
ブルーノ・ワルター、指揮について語る 録音:1956年
ワーグナー:ジークフリート牧歌 録音:1959年 ブラームス:アルト・ラプソディ録音の抜粋を含む:1961年
ブルーノ・ワルター・ポートレイト(ドイツ語、日本未発売) 録音:1960年 ウィーン芸術週間

コロンビア交響楽団
指揮:ブルーノ・ワルター

真っ先に聴いたのは、交響曲第4番だが、SACD層は非常に鮮明で通常CDとは次元が異なるクオリティで、中低域の厚みは1995年にClassic Recordsが復刻した高音質LPレコードに劣らない。ローエンドの伸びは音の広がりはLPレコードを上回る。唯一、弦楽器の質感が明らかにLPレコードからは劣る感じがする。マスターテープの劣化がそのまま出てしまっている感じがして、それだけが残念である。

引き続き週末には、このセットを聴こうと思う。


にほんブログ村

 

 

|

« シェリング・プレイズ・クライスラー/シェリング、ライナー | トップページ | ブラームス 交響曲 第4番/ワルター、コロンビア交響楽団(Classic Records 180g重量盤LP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シェリング・プレイズ・クライスラー/シェリング、ライナー | トップページ | ブラームス 交響曲 第4番/ワルター、コロンビア交響楽団(Classic Records 180g重量盤LP) »