« ミレッラ・フレーニ オペラの夕べ | トップページ | ワーグナー ニュルンベルクのマイスタージンガー/カラヤン、シュターツカペレ・ドレスデン »

2020年2月28日 (金)

シューベルト&ドヴォルザーク:交響曲集 /ワルター、コロンビア交響楽団他(SACD/CDハイブリッド盤3枚+通常CD)

Dsc_0240_20200227145501

Dsc_0241_20200227145501

DISC 1 (SACD/CD)
シューベルト
交響曲 第5番 録音:1960年
交響曲 第8番(第7番)「未完成」録音:1958年

DISC 2 (SACD/CD)
シューベルト
交響曲 第9番(第8番)「ザ・グレイト」録音:1959年

DISC 3 (SACD/CD)
ドヴォルザーク
交響曲 第9番「新世界より」録音:1959年
交響曲 第8番 録音:1961年

DISC 4 (通常CD/モノラル)
「ブルーノ・ワルター77歳の誕生日セレブレーション」(語り部分:日本未発売)
「コロンビア・マスターワークス・アーティストによるブルーノ・ワルター賛」(日本未発売)

レコーディング・プロデューサー:ジョン・マックルーア、トーマス・フロスト
オリジナル・アナログ・マスターのトランスファー、リミックス、リマスター:アンドレアス・K・マイヤー(マイヤーメディアLLC)

2020年2月に発売されたSACD/CDハイブリッド盤のセット。録音が1958年から1961年にまで渡っているが、いずれもかなり良いリマスターで、満足できる音質である。シューベルトは、ワルターの芸風にマッチしていて、端正でしなやかで美しい。ドヴォルザークも、LPレコードで聴くよりもワイドレンジで細かい部分が良く聴こえるため、演奏の凄さがより分かるようになったと思う。DISC 3のドヴォルザークの交響曲2曲は、録音年が離れているので音質がかなり異なり、第8番の方がより鮮明に響く。まずまず不満のない復刻SACDだと思う。


にほんブログ村

|

« ミレッラ・フレーニ オペラの夕べ | トップページ | ワーグナー ニュルンベルクのマイスタージンガー/カラヤン、シュターツカペレ・ドレスデン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミレッラ・フレーニ オペラの夕べ | トップページ | ワーグナー ニュルンベルクのマイスタージンガー/カラヤン、シュターツカペレ・ドレスデン »