« ワーグナー 神々の黄昏/ショルティ、ウィーンフィル(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | シューベルト&ドヴォルザーク:交響曲集 /ワルター、コロンビア交響楽団他(SACD/CDハイブリッド盤3枚+通常CD) »

2020年2月25日 (火)

ミレッラ・フレーニ オペラの夕べ

Dsc_0240_20200224144901

Img_20200224_0001

2020年2月9日に84歳でミレッラ・フレーニが亡くなった。20世紀後半に活躍した大ソプラノであるから、彼女の歌ったLPレコードやCDは沢山持っているが、その中でジャケット写真の一番美しいものと思うものを選んで聴いてみた。1935年生まれなので、このジャケット写真は彼女がまだ20歳代の頃のもの。

SIDE 1
ベルリーニ 『清教徒』第2幕より エルヴィーラのアリア ここであなたの優しい声が
ヴェルディ 『椿姫』 第1幕より ヴィオレッタのアリア ああ、そはかの人か~花から花へ
モーツァルト『フィガロの結婚』第3幕より 伯爵夫人のレチタチーヴォとアリア スザンナは来ない!

SIDE 2
シャルパンティエ『ルイーズ』第3幕より ルイーズのアリア その日から
ヴェルディ『オテロ』第4幕より デズデモナ アヴェ マリア
プッチーニ『修道女アンジェリカ』アンジェリカのアリア 母も無しで
プッチーニ『トゥーランドット』第1幕より リュウのアリア お聞きください、王子様
プッチーニ『トゥーランドット』第3幕より リュウのアリア 氷のような姫君の心も

ミレッラ・フレーニ(ソプラノ)
フランコ・フェラリス(指揮)ローマ歌劇場管弦楽団
録音:1964年

ルチアーノ・パヴァロッティと同郷で同い年。大テノールと大ソプラノが同じ町で同じ年に生まれて、後にカラヤンの指揮で「ボエーム」やら「蝶々夫人」など決定的名盤を歌った。

彼女の全盛期は1970年代だが、このレコードを聴く限り、すでにリリック・ソプラノとして充分に完成度の高い歌を披露している。1曲めの
『清教徒』第2幕より エルヴィーラのアリア から、魅力全開である。しかし、残念な事に現在入手出来るCDでは他の録音と合わせられていくつかの曲目が削られてしまっている。


にほんブログ村

 

|

« ワーグナー 神々の黄昏/ショルティ、ウィーンフィル(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | シューベルト&ドヴォルザーク:交響曲集 /ワルター、コロンビア交響楽団他(SACD/CDハイブリッド盤3枚+通常CD) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワーグナー 神々の黄昏/ショルティ、ウィーンフィル(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | シューベルト&ドヴォルザーク:交響曲集 /ワルター、コロンビア交響楽団他(SACD/CDハイブリッド盤3枚+通常CD) »