« Lauritz Melchior Prize Song from Wagner's Die Meistersinger | トップページ | ワーグナー 歌劇「ローエングリン」全曲/ケンペ、ウィーンフィル(TOWER RECORDS Deffinition Series SACD/CDハイブリッド盤) »

2020年3月13日 (金)

日本のうた/鮫島有美子

Dsc_0240_20200312172601

日本のうた 鮫島有美子(ソプラノ)、ヘルムート・ドイチュ(ピアノ)のLPレコード2種。左は1985年発売の初出盤、右は1992年発売のもの。

初出盤

Img_20200312_0001

後発盤

Img_20200312_0002

第1面
この道(北原白秋・詞/山田耕筰・曲)
叱られて(清水かつら・詞/弘田龍太郎・曲)
早春賦(吉丸一昌・詞/中田 章・曲)
花(武島羽衣・詞/瀧 廉太郎・曲)
荒城の月(土井晩翠・詞/瀧 廉太郎・曲)
砂山(北原白秋・詞/山田耕筰・曲)
カチューシャの唄(島村抱月・相馬御風・詞/中山晋平・曲/林 光・編)
赤とんぼ(三木露風・詞/山田耕筰・曲)
宵待草(竹久夢二・詞/多 忠亮・曲)
浜辺の歌(林 古渓・詞/成田為三・曲)

第2面
待ちぼうけ(北原白秋・詞/山田耕筰・曲)
平城山(北見志保子・詞/平井康三郎・曲)
椰子の実(島崎藤村・詞/大中寅次・曲)
夏の思い出(江間章子・詞/中田喜直・曲)
霧と話した(鎌田忠良・詞/中田喜直・曲)
雪の降る街を(内村直也・詞/中田喜直・曲)
かやの木山の(北原白秋・詞/山田耕筰・曲)
出船(勝田香月・詞/杉山長谷夫・曲)
花の街(江間章子・詞/團 伊玖麿)

鮫島有美子(ソプラノ)
ヘルムート・ドイチュ(ピアノ)

録音:1984年

初出盤と後発盤どちらが高音質かというと、1992年の後発盤の方が良い。初出盤は日本コロンビアのプレス、後発盤が製造された1992年には日本コロンビアのアナログレコード生産ラインはすでになく日本にたった1社残ったプレス工場の東洋化成の製造だが、メタル原盤を作らずラッカー盤から直接スタンパーを作るという限定プレスだから出来る方法で製造されていた。この当時の東洋化成のプレスの水準は良い。しかしジャケットの出来や内袋は初出盤の方が高級感がある。

初出盤は通常のアナログディスク製造工程で製造された
マスターテープ → ラッカー盤 → メタルスタンパー → メタル原盤 → スタンパー → LP

1992年の後発限定盤の製造工程
マスターテープ → ラッカー盤 → スタンパー → LP
このように、工程が短縮される分、鮮度が保たれている。

この「日本のうた」は、CDでも持っていた事があって、1980年代末に発売された金蒸着CDも持っていたが、これら2枚のLPレコードの方が声が優しくより気品があるように聴こえる。録音当時の鮫島有美子は30代前半で、声が若々しく清々しい。ピアノのヘルムート・ドイチュは夫君。


にほんブログ村

|

« Lauritz Melchior Prize Song from Wagner's Die Meistersinger | トップページ | ワーグナー 歌劇「ローエングリン」全曲/ケンペ、ウィーンフィル(TOWER RECORDS Deffinition Series SACD/CDハイブリッド盤) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Lauritz Melchior Prize Song from Wagner's Die Meistersinger | トップページ | ワーグナー 歌劇「ローエングリン」全曲/ケンペ、ウィーンフィル(TOWER RECORDS Deffinition Series SACD/CDハイブリッド盤) »