« ザ・ソウルフル・ムード・オブ・ジーン・アモンズ(Analogue Productions HQ180 LPレコード) | トップページ | ロッシーニ序曲集 /シャイー、ロイヤル・フィル(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »

2020年3月27日 (金)

モーツァルト アイネ・クライネ・ナハトムジーク他/イ・ムジチ合奏団

Dsc_0240_20200326142701

Img_20200326_0001

曲目:

SIDE 1
アイネ・クライネ・ナハトムジーク(K.525)
アダージョとフーガ(K.546)

SIDE 2
ディヴェルティメント(K.136)
セレナータ・ノットゥルナ(K.239)

イ・ムジチ合奏団

録音:1959年

このLPレコードは1991年製造で購入したのは1992年頃、今は閉店してしまった秋葉原の石丸である。値札が貼ってあった。¥1380

日本国内では唯一残った東洋化成以外のレコードのプレス工場は1980年代末に操業を停止しプレス機も無くなってしまったが、オランダPHILIPSでは1991~2年頃までクラシックのLPレコードが普通に生産されていた。なので、通常盤としては最末期のLPレコードである。薄くて重量の軽い盤ではあるが、当時の同じ音源のCDよりも数段音が良かった。PHILIPS SEQUENZAシリーズは廉価盤で、日本では同等のものが1980年代にフィリップス・グロリア・シリーズとして売られていた。

このLPレコードは今聴いてもとても良い音質だと感じる。音質的にフィリップス・レーベルでも日本国内プレスとは一線を画する。1992年以降も細々とクラシックのLPレコードの生産が続いたが、それらは限定の高音質重量盤だけになった。

演奏も、イ・ムジチ合奏団の一番良かった時代のもので、フェリックス・アーヨがコンサートマスターを努めていた。ヴィヴァルディの「四季」と並んで、忘れることの出来ない名盤であると思う。


にほんブログ村

 

 

|

« ザ・ソウルフル・ムード・オブ・ジーン・アモンズ(Analogue Productions HQ180 LPレコード) | トップページ | ロッシーニ序曲集 /シャイー、ロイヤル・フィル(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ザ・ソウルフル・ムード・オブ・ジーン・アモンズ(Analogue Productions HQ180 LPレコード) | トップページ | ロッシーニ序曲集 /シャイー、ロイヤル・フィル(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »